Home Tranportation ジャガーコンセプトカー 電撃的に

ジャガーコンセプトカー 電撃的に

by admin

ジャガーXKXコンセプトカーは将来の自動車産業にインスピレーションを吹き込む存在になることは間違いない。彼らが開発したXKXはバーレーンに拠点を置くデザインスタジオSkyrill and Matin MyftiuのアルバニアのデザイナーHussain Almossawiの設計によるもので、私たちが賞賛しながら発展させた古典的なジャガーを全く新しい形に具現化したものだ。いろいろな意味で、このコンセプトはジャガーブランドの賞賛と名誉に値するデザインの復活といってもいいだろう。また、周りにはそのシステムにパワーを供給する電子部品をうまく配置している。

Purrrrfect Jag

美学的観点から見ても、そのデザインは他のジャガーのイメージから連想する筋肉質の重量感とは決別している。有機的な線形がその輪郭をよりエレガントで洗練された印象にしている。一方、具体的に実現化したあらゆる技術上の改良部分は積極的に公開している。サイドミラーは1cmの厚さと薄く、ドアの浅いハッチに完璧に収まり、駐車したときには完全にみえなくなる。

技術世界の最前線では、電気自動車は革新的な空気力学を応用したスタイルをとりいれている。一般のクルマは空気摩擦に抗することで、エネルギーの60%を消費する。しかし、XKKの外装は圧電性の電池で覆われているため、道路の摩擦で発生したエネルギーを吸収してクルマのバッテリーにフィードバックすることができ、このことにより、いろいろな面でクルマのパフォーマンスを向上することができる。このクルマにはもう1つ空気力学を応用しているところがある。それはディフレクタだ。ディフレクタの幅を広げることで、エンジンによる空気の滞留を引き起こすことなく、従来よりも大量に吸気ことが可能となり、それが車両全体の流体抵抗を減らすことにつながっているのだ。

Via: Yankodesign

Today's Top Articles:

You may also like