Home Tranportation ミシガン大学、SAEレースの新記録に挑む

ミシガン大学、SAEレースの新記録に挑む

by admin

環境技術は環境に優しい製品を発明することが全てであり、ミシガン大学は20年以上環境保全を手助けしてきました。多数の世界的に著名なソーラカーのチームを輩出したこの大学は、新たな環境技術系学生に恵まれました。この学生たちは知恵をしぼって環境技術の分野に自身の印を刻もうとしています。ミシガン大学は今年の米国自動車技術者協会スーパーマイレッジレースにおいて新記録を打ち立てるでしょう。

このレースへの初参加を表明する中、この新人たちは広報を低く抑えようなどとはせず、スーパーヒーロー・ウルバリンなみに発表しました。ミシガン大学は3300マイル/ガロンという驚異的な記録を打ち立てるつもりです。このレースは1980年以来続いており、学生たちは極めて軽量の単座自動車の設計を求められます。レースでは Eaton Corporation Proving Groundsテストコースを自動車が周回します。

去年、人々を魅了するこのイベントでは27チームがコース上で競い合いました。このレースではケベック州シャーブルック大学が2158マイル/ガロンを記録し、首位に立ちました。この記録は同州の対戦校ラヴァル大学の、実に500マイル/ガロンも上回るものでした。今年のスーパーマイレッジレースは7月7日、8日にマーシャルで開催されます。こうしたハイブリッド作品は環境に優しい生活を望む多数の人々の後押しになるでしょう。

Via: Autoblog

Today's Top Articles:

You may also like