Home [email protected] Keenの本社、4Rコンセプトを念頭に置き改築

Keenの本社、4Rコンセプトを念頭に置き改築

by Ecofriend1874

Keen株式会社は、ポートランドの歴史的なパール地区にある築105年の5階建ての建物を、「リユーズ(再使用)、リパーパス(再利用)、リサイクル、リストア(再建)」のポリシーに従って改築して、新本社ビルとして使用し始めました。今年、この古い倉庫スペースを購入した時は、改築に関して多くの考えや意見がありました。そして。最終的に、地球にやさしくて、他の世界中の大手企業の手本となる改築に決定しました。
彼らが捨てたものは?

Keenフットウェアが1000万ドルで購入したこの50,000平方フィートの建物は、ちょうど改築が必要な時期で、本社としてふさわしい外観に仕上がりました。一般的に誰でも最初にすることは、必要なくなったものを捨ててしまうか、あるいは、ある物すべてをあらかじめ捨てることです。しかし、この会社はそうはしませんでした。約8か月間続いたこの改築工程の記録としては、解体と建設廃材が廃材用のコンテナの1台分も出なかったことです。Keenは、前の建物をそのまま維持することを望んだのです。
11985090-large
従来の建築ように、埋め立て地に送る廃棄物はほとんどありませんでした。実際に廃棄物をわきに溜めて、その中でも再使用が可能な廃材、約25トンの石壁、同量の木材、5トンの金属、そして大量のゴムなどを分けておきました。これらの材料は北ミシシッピのリビルディング・センターにも保存されました。これは、今後の改築に使われることとなるでしょう。
本社はどのような外観になったか?

床面積が約4000平方フィートあるこの建物の一階には、会社のフットウェア、バッグ、ソックス、その他すべての製品が販売されるガレージとしてオープンしました。一階にでさえ、心地よいノース・パシフィックの日光が入るように、巨大なガレージ・スタイルのガラスを備えた典型的なガレージのような内装です。この新しいガレージは、2年前に第13通りとラヴジョイ通りの角にあった、以前の本社の一階にあったガレージよりもおよそ4倍もの大きさがあります。
ショールームの床には、埋め立て地から抽出して、賢く再使用して作られた、ポートランド地域の多くのオブジェクトを含んでいます。例えば、Keenの北ポーランドにあるスワンアイランド靴工場からの本底は、レジ・カウンターの基礎を包むために使用され、オレゴン通りの道路標識がモザイク天蓋に吊り下げられています。コウキールの古い漂白剤やオレゴン高校で使われていた椅子は、店内の座席として使用されました。
222232_491662164212481_962160825_n
その他の改築

この本社設計に関係していた人にとって、全工程は巨大なジグソーパズルのようでした。どの部材を再使用することができるかを考え、そしてどこで使用するかを考えながらの作業だったのです。元の建築から変更しなかった部分は、紙やすりで磨きました。ダグラスファーの床にも手を加えず、そのままの状態です。カリフォルニアのレッドウッド市のボーリング場のレーンは、現在、3階の長いキッチンカウンターに使われています。このレーンは、半数以上の経営者やその子供たちがプレーしたものです。

コーヴァリスの荒廃した古い小屋は、現在、ガレージとKeenのオフィスの間のスライド扉として使用されています。

そう言えば、グラビティー・シュートも、ここに付け加えておく価値はあるでしょう!これは、従業員がスパイラル・スライドを使用して、在庫品倉庫から靴の入った箱をとることができるので、顧客は実際に靴を手に取って吟味することができます!確実に、多くのエネルギーや時間、そして労力を節約しています。
この本社の至る所に、4R主義がきちんと、そして効率的に適用されています。

Today's Top Articles:

You may also like