Home [email protected] 水と洗剤の使用量控えめのオービット(Orbit)洗濯機

水と洗剤の使用量控えめのオービット(Orbit)洗濯機

by admin

気取った自動車のコンセプトや、派手な建築プロジェクトの時代。私達の想像力は確かに国内の範囲を超えて拡大してきました。しかし、2050年の洗濯機がどのように変化しているか考えたことがあるのはごく少数の人々でしょう。工業デザイナーのエリー・アホヴィによって描写されたエレクトロルックスのオービット洗濯機の構想は、騙されたと思って聞いてみる価値があるかもしれません。

Orbit

2050年には、世界的な人口の大部分、正確に言えば74%は、都市部に集中するとデザイナーは予想しました。この都市環境の進化の影響として、人々はおそらく高度な技術に囲まれているでしょう。オービット洗濯機は、そんな横行する新しい技術の典型になるでしょう。

従来の洗濯機や乾燥機などは、化学薬品や燃料、スペースも多く使います。オービットはそんな点に注目し、ユーザーフレンドリーな機能を増やしました。稼動している間、雑音もなく多少の水と洗剤だけで服を洗浄することができます。

奇妙なことに、オービットの露骨なくらいのデザインの目新しさは、私達の想像をくすぐります。構成部品は2つのパーツで、球状の形をしたものと、磁石を付着しているリング状の形をしたものから成り立っています。回転楕円体は、飛散防止ガラスと断熱材、それに超伝導材の二層から構成されています。

洗濯機を起動する場合、まず透明な球体の中に洗っていない服を入れ、リングの内側の縁に配置します。球体には、目立たないが丈夫なバッテリーが装備してあり、誘導技術によって充電し、必要な電力を補うことができます。

この主要なメカニズムは、回転楕円体の超伝導能力を生かし、液体窒素を注入します。一旦、持続的な電流レベルが球面ドラムに達成した時、磁気浮上のユニークなケースは、リングに埋め込まれた磁石によって浮くのを助ける循環フィールドの中で、電磁気の影響が原因で発生します。これは、浮いている回転楕円形を電磁石に本質的に変えます。そして、それは電気衝撃によって自動的に制御されます。

最後に、洗浄メカニズムについてです。球状の部品は、低温洗浄のシステムに従います。これは、回転楕円体に取り付けられたパイプから超音速で取り除かれている固体二酸化炭素の噴射が含まれています。そして、それは服からすべての汚れと汚染を順番に取り除きます。また、反応からマイナスイオンは、服の新鮮さを改善して、内部の空気を浄化します。

水や洗浄剤なしで、このOrbit洗濯機は、服の洗浄を完全に持続可能な形で仕上げました。この革新的な「緑」のメカニズムは、将来の消費者の獲得と商業的な成功の可能性は高いでしょう。

ElieAhoviより

Today's Top Articles:

You may also like