Home [email protected] クラウド・スキッパーズ(Cloud Skippers):空中に住むコミュニティー

クラウド・スキッパーズ(Cloud Skippers):空中に住むコミュニティー

by admin

クラウド・スキッパーズは、グレチェン・スタンプ(Gretchen Stump)によって考案されました。それは、冒険好きな人々が土地を離れ、空に浮かぶ雲の中にある地球とは逆の機械のような家で暮らすという概念です。これらの家々は、グライダーのように飛行し、風に揺れながら自給自足の生活ができます。そして巨大な凧のように、巨大な翼と長いケーブルで繋がれ、空に浮かんでいます。クラウドスキッパーは、時速100マイルを超えるスピードのジェット気流と呼ばれる一定の風の流れに乗ります。この風が、この巨大な構造を支えるのです。

Cloud Skippers

地球と空気の間にある莫大なスペースを利用するという概念は非常に斬新なアイデアです。地球は少しずつ人口過剰になりつつあり、人が住むのに適した場所は限られ、そこに人は集中します。しかし、この未来的な技術とデザインは、より多くのスペースを人々のために確保する優れた解決案だといえるでしょう。空中で自給自足が可能な家は、今まで経験したことのない革新的なアイデアです。このように、多くの科学者達は、今まで人や他の生命体が住めなかった地域に関して居住が可能になるように、色々な研究を行っています。

砂漠で生活ができる方法を研究している科学者も、また月に住みやすい街を作る研究を重ねている科学者もいます。いずれにせよ、革新的なテクノロジーが必要でしょう。私達は、空にある巨大なスペースを完全に活用しておらず、クラウド・スキッパーズは、そんな新しい想像力と可能性を膨らませてくれるコンセプトです。クラウド・スキッパーズの最も優れている部分は、間違いなく太陽、及び風力エネルギーを利用することでしょう。空中で、より太陽に近い位置により太陽エネルギーがこの構造に電力を提供することが可能です。また、動きの速いジェット気流に乗って風力エネルギーも利用できることでしょう。独自の電力を生産するので、この空に浮かぶ家でのエネルギー問題はないでしょう。

このクラウド・スキッパーズが実現された時、間違えなく型破りの革新的な発明になるでしょう。

 

Coroflotより

Today's Top Articles:

You may also like