ロンドンのアイコン披露に向けて庭園創造

GAndy Sturgeonによる庭園フェスティバルの作品は今年の夏の期間展示される予定だ。この催しはロンドン市のサウスバンク、バンクサイド周辺地域で開催される。創作活動で多忙な中、このクリエイティブなイノベーターはPommery Eyegardenを設置する予定だ。この庭園はロンドン大観覧車のカプセルの中に造られたポップアップ式庭園として参照されているものだ。彼の庭園はジャズもなくシンプルなものだ。真っ白な四角の柱が4本あり、それらはこの卓越した建物の建築ブロックを構成している。この庭は緑色と白色の植栽のつくる陰で包み込まれていて心がやすらぐ。それらは生来の草むらの草やバルトパセリで仕上げられている。

Andy Sturgeon's capsule garden

この現代的な作品には鉢植えの植物もあるが一時的な措置とはいえ、素敵な眺めを演出するために考え出されたものだ。曲がりくねった白い小路がこの小さなエリアをゆったりした空間に見せてくれる。その小路沿って、花の咲いているマルメロの木々のねじれた枝がカプセルの屋根のまわりに拡がっている。背景音はサウンドトラックから流れ、鳥の鳴き声からサイレンまである。カプセル内のいろいろな地点で再生されている。これにより、カプセル内の静かで穏やかな孤立した地点に息吹が与えられる。これらの再生機器は目立つ地面においてあり、意外な趣をくわえている。

ここ数ヶ月の間にあと3つの庭園が立ち上がる予定だ。これらはオールドヴィックトンネルの地下の区画に設置される。これはウォータールー駅地下に位置することになる。次はアーキテクチャーファンデーションのプラントコミュニティーガーデンを含む。3分の1はデザインミュージアムでミニチュアの森林になる予定だ。庭の小路はあっという間に通り過ぎてしまうほどなので通れない。アンディーは一番高い場所にある庭園を造りたいと思っている。ロンドンで前に見たことがある人もいると思う。このイノベーターは彼特有の都市景観を通して象徴的なランドマークを作り出したいのだ。

Via: Guardian

Today's Top Articles:

Scroll to Top