Home Travel @ja 飛行機・ホテル・クルマがもっとエコフレンドリーに

飛行機・ホテル・クルマがもっとエコフレンドリーに

by Ecofriend1874

気候の変化や大気汚染、その他の環境汚染問題は地球に深刻なダメージを与えています。われわれの地球がまさに危機に瀕し、動植物の中には絶滅の可能性に陥っているものも少なくありません。各業界は消費者の気を引くようなエコフレンドリー商品を開発し、市場に旋風を巻き起こそうとしています。特に観光業界が果たす役割は大きく、航空会社にホテル業界、自動車産業は特にさらなる開発を迫られているのです。

航空会社

近頃はより多くの会社が燃費・きれいな燃料などを実現する装備を採用し、消費者に訴えかける戦略をとっています。航空券も紙ではなくオンラインで発行されますし、エコフレンドリー食料バッグも採用されてきています。特に燃料が環境に悪影響を与えるこの業界においてはこのような動きは必須で、細かなところに至るまで実は変化の兆しが見られるようになってきています。

クルマ

最も一般的な移動手段ですし、最近では続々とグリーン化が進んでいます。燃料における新技術全般は大きな注目を浴びており、価格が手ごろな小型エコ車が販売台数を伸ばしています。これからもより多くのエコカーが出回るでしょう。

ホテル

観光業はホテルによってさせられている比重が大きく、ここでもグリーン化が進んでいます。小さな規模の国ではバスルーム周りやランドリー関連用品をエコフレンドリーに代えています。一方で大きな国ではより大掛かりな投資をしていて、例としてはラスベガスのパラッツォホテルなどは世界で最もエコフレンドリーなホテルとして知られています。電気の使用や省エネの方法が大きく関わってくるのです。高級ホテルの中にはオーガニックコットンのタオルやナプキンを使っているところも見受けます。

このようにして、業界の垣根を越えて最新技術だけでなくグリーンなオプションを提供して環境にやさしくしているのです。このようにして環境に優しいだけでなく、消費者にも同じような考えを持てるようにはたらきかけているのは素晴らしいことです。

Today's Top Articles:

You may also like