Home Travel @ja アメリカのベストグリーンホテル

アメリカのベストグリーンホテル

by Ecofriend1874

「グリーン」に対する意識の高さは高まる一方ですが、どのような方法が実際に環境にいいのか良くわからないものです。ホテルに関してはLEED認定が一番よく認められていますが、このような認定をもらっていなくても十分環境にやさしい宿泊施設はあるのです。このような施設ではリサイクルから水の節約までいろいろ工夫を凝らしていますので、そのようなホテルを6つ見ていくことにしましょう。

カリフォルニアのバーデッソーノ

高級ブティック宿泊施設で、ワインで有名なカリフォルニアに6エーカー分も土地を取っています。世界でも有数の超高級ホテルの称号でもあるLEEDプラチナ認定を受けており、継続使用可能性の推進にも力を注いでいます。

木や石を再生利用して建築に取り入れられ、地下の地熱システムが冷暖房機能を発揮します。ハイライトは何と言っても屋上プールと豪華なゲストルームにアロマスパでしょう。

ストウ・マウンテン・ロッジ

周辺の河川の水の流れを調節する役割も兼ねた人工のペレグレン湖のほとりにたたずむロッジです。マンスフィールド山のふもとの歴史的に由緒ある地域に建てられ、一年中オープンしています。2008年に地元で採石した石で作られ、どちらかと言うとスキーリゾートのようです。オードゥボン国際エコアウォードを受賞して、スキーに関しては環境にやさしいトロリーシステムを採用しています。

イリノイのホテル・アレグロ

エコ好きな旅行者を満足させるのがこのホテルです。隅々にわたってエコが実践されており、グリーン製品やオーガニック素材、ハイブリッドカーの推奨に従業員のエコライフサポート、さらには他のエコ企業とのコラボなどを積極的に展開しています。印刷物には大豆製インクとリサイクル紙が使われ、省エネ電球もあちこちに使われています。

マサチューセッツのホテル・グリーン

地元の有名靴デザイナー、バネッサ・ノエルによって建てられました。2部屋に分かれたスイートルーム式の部屋が10部屋用意され有名ブランドのエコ製品が設備されています。このホテルはまさにグラマラスでありながら社会責任も自覚している典型です。

ユタのザイオン・ロッジ

森林公園のなかにそびえるホテルで1920代より長きにわたって創業を続けてきています。エコツーリズムの先駆けともいえるサンテラパーク・リゾートによって管理され、コンポストの生成でオーガニック食などに還元仕しようとする動きが盛んです。電気は風力発電によってまかない、歴史的部屋とモーテルユニット以外は床が竹でできたりリサイクルカーペットなどを備えた6つのスイートルームが用意されています。全部屋とも飲み水はフィルター浄水され、生物分解可能な石鹸の使用にオーガニックリネンやコンパクト蛍光灯などが標準装備されています。

ニューメキシコのエル・モンテ・サグラド

ゴージャスさを損なわずに環境保護機能を実践するホテルです。周囲を壮大な山々に囲まれており、まさに自然との共存の象徴のようなホテルです。太陽電池パネルと地熱発電によって冷暖房が管理され、特殊リビングマシーンとバイオラリウムの2つがハイライトです。エコシステムの継続使用においては長年にわたって見事な成功を収めています。

Today's Top Articles:

You may also like