Home Travel @ja カリブ海の航空業界の挑戦

カリブ海の航空業界の挑戦

by Ecofriend1874

31もの島々から成り、多くの観光客を受け入れている国のために、カリブ海の航空業界は、政府に地理学的および経済的な規制を修正する提案書を提出しました。その多くは、中央と地方における二重レベルの規制と管理体制に関する要求でした。もう一つの制約事項は、すべての島には人口的な格差がありますが、エアーバス・サービスはすべての島々を連絡しなければなりません。これに関しては、需要や座席キャパシティー、維持費、そして運営費において多くの要素を考慮する必要があります。航空運送業務に関して、これらすべてを実施して維持していくには多くの困難さがあります。
コストと補助金の重要性
カリブ海の島々には多くの観光客が訪れるので、社会や経済成長のために航空運送業に頼っていることは事実です。しかし、そこには2つの大きな問題があります。その1つは、国内の一民間企業が社会事業として航空運送業務を運営していて、政府は航空会社サービスを破綻させないために大きな助成金を提供しているということです。
jeanholder
過去にカリブ海の航空運輸の民営化は困難であると言われてきました。しかし、1990年代中頃に、テスト的に運営されることになりました。それ以来、国内外から多くの小規模な民間企業が参入しましたが、どの企業も長続きはしませんでした。民営化された航空会社の運営が軌道に乗らなかったことから、政府が航空業務を維持するために実権を握って後ろ盾しなければなりませんでした。これによって、カリブ海の航空業務を滑らかに機能させるためには、政府が中心的なサービスを管理下に置く必要があるという実例になりました。その結果、民間企業の経営者が業績を上げることができなくなりました。
航空サービスの合理化の要求

ここ10年間で、世界は経済的に厳しい時代になり、すべての産業がその影響を受けました。航空業界も例外ではありません。カリブ海は諸外国との取得や合併がありました。これは、協力と円滑な運営のために、様々な航空会社間との強いチャンネルが必要だったのです。政府が介入したいと願うあまり、民間企業の要求を受け入れられることはありませんでした。土壇場において計画や決定の変更、取り消しをすることによって、素晴らしいアイデアを抑え込んでいました。航空業界には、過去数十年において多くのマイナスとなる出来事が発生したので、数百万回もの要求事項が却下されてきたのです。

会合を召集して航空会社の運営から税を免除するように提案を出し、料金を削減しようとするコミュニティがあります。しかし1つだけ重要なことを見落としていました。それは、どのようにして空港のメンテナンスと維持をしていくか、ということでした。
liat
解決策

根本的な考えとしては、要望を議会で合理的に通して、経費削減を維持し、収入を増加させながら、リーズナブル・プライスでよいサービスを提供することです。LIATがしたように、自ら改善しようと努めることです。取締役とCEOのメンバーは、株主に提示する事業計画を打ちたてました。投資計画があったので、老朽化したエアーバスを新しく交換することができます。さらに、既存の株主はそのままで、潜在的な新規株主から多くの投資を引きつけようとしています。インフラと航空会社の運営が上手くいくように、税体系を縮小するための検討がなされています。これには航空便のマーケティングが考慮されています。

提案書に関しては、2013年の初めに現在の問題として議論するためにCARICOMの経営陣が会合を持つことになっています。問題の焦点は、長期的に利益を上げ、現存のサービスを改善する方法についてです。

 

Today's Top Articles:

You may also like