「パワーブイ」、400ワットの電気を作る波の動きに取り組む

Andy Hamilton 氏率いるMBARIの国防総省国防高等研究事業局とその研究者メンバーは、モンテレー湾の海洋測器に電気を供給する「パワーブイ」と呼ばれるプロジェクトに共同で取り組んでいる。このプロジェクトの基本は、波の力を利用し、それを電力に変えることだ。9か月におよぶ徹底的な調査の後、Hamilton氏は、幅3メートル、長さ5.5メートルの大きな金属プレートを水中に吊るすことで、2.5メートルにわたり測定するブイを発明した。不規則な海洋の波と複雑な水圧システムと取り組みながら何度も試練と直面することを通して、チームは休止後、これらを討議した。

MBARI-Buoy

海面で起こる動波によりブイを波とともに動かすことができ、そのため、つるしているプレートは比較的安定を保つ目的を解決した。ピストンの中には大きな油圧シリンダーがあり、波の動きによって押される。これが起こるとき、油圧油は強制的に油圧モーターを通り、その代りに電気を発生させる。

プロジェクトに取り組んでいる間、チームはいくつかの試練に直面した。最初の試練は、垂直な波の動きを回転運動に変え、発電機を作動させることだった。何度か試みた後、チームはついに、シャフトを回転させるために、油圧油を動かす油圧モーターを入手するために使用する彼ら独自のシステムを設計することに成功した。このシステムは95%の効率で作動する。

次の試みは、波が通ったあと、ピストンをその出発点に戻らせることだった。これに対処するために、チームは空気バネを開発し、それを組み入れた。この空気バネは、窒素ガスで満たされる部屋で、ピストンの一端で開始される。結局終わりまで進歩したため、システムを数回立て直すために流体タンクを加えた。

2011年内に、モンテレー湾で配備される電動ブイは、400ワットの動力を生むことに成功した。次にチームが切望していることは、2012年までに24ボルトの安定した電流を発生させることだ。最終的な試みは、海中ロボットのための海中充電ステーションを含めた動力ブイブロジェクトにまで及ぶ。

Via: Physorg

Today's Top Articles:

Scroll to Top