Home Solar Power @ja 色素増感型太陽電池が出力効率を増強する突破口

色素増感型太陽電池が出力効率を増強する突破口

by admin

太陽エネルギーは、持続可能な電力を発生する典型的な方法として知られています。世界中の太陽エネルギーの研究者は様々なジャンルで太陽電池の効率を上げるために、日々休みなく研究をしています。最近、ノースウェスタン大学の研究者チームが、太陽電池効率の革新的な突破口を開きました。研究者は、より安く従来のセルよりよい出力効率を出すことができ、信頼できる色素増感型太陽電池のソーラーパネルを作り上げました。

Stable dye-sensitized solar cell

この創造的なソーラー技術は、一種の染料を増感した太陽電池であるGrätzel(グレッツェル)セルを応用したものです。従来のシリコン原料の代わりに半導体酸化チタンを利用しました。結果的に、スイスの化学者マイケル・グレッツェルにちなんで命名された太陽電池は、よりよい出力伝導効率を発揮し、安価で有毒物質を発生せず、いくつかのアスペクトにおいて環境的に確実である、と研究者が主張しました。

実際、研究者が達成した進歩は、Grätzel設計に関する固執した問題を解決する試みが成功したのです。電解質として有機液体を利用するので、それが様々な状態において漏れる可能性があります。漏出した液体はセル全体を腐食させる、とても恐ろしい現象です。そこでノースウェスタン大学の研究者チームの登場です。研究者たちは、液体を凝固してある条件下において浸出を防ぐことができるCsSnI3と呼ばれる新材料を開発しました。

CsSnI3は非常に細いフィルムの合成物です。セシウムやヨウ素、そして錫を調合します。基本的に液体の形で染料コート・ナノ粒子に加えられます。しかし、固体に変化しますので漏出の問題は発生しません。研究主任のロバートP.Hチャン氏が、現在のソーラー技術より明らかに効率的な色素増感型太陽電池の最初のデモを行いました。

Via: Gizmag

Today's Top Articles:

You may also like