Home Solar Power @ja ソーラーオーブン: 環境に優しくクッキング

ソーラーオーブン: 環境に優しくクッキング

by Ecofriend1874

食べ方が、カーボンフットプリント(人が生活しているうえで排出する二酸化炭素の量を数字にしたもの)に大きく影響する大きな要因の一つになっているということをご存知でしたか?食料品店から皆さんが家に持ち帰る商品を生産するために、かなりの量のエネルギーが必要です。また、それとは別に、皆さんの料理法も、場合によっては環境に害であることもあるんです。 ほとんどの家庭では、大量の燃料を消費する電磁調理器や、ガスオーブンを使っています。 料理をするのをやめるというわけにはいかないので、この問題を解決するには、環境にやさしい調理法を取り入れることです。そういった調理法は、市場に出回っていて、ソーラーオーブンもその1つ。
こういった器具は、安定した人気を誇っていて、環境保護に関心のある方は、そういった器具を買うことができます。 よく、ボックス・クッカーと呼ばれているこのオーブンは、箱のような形をしていて、断熱されているので、華氏300℃(摂氏だとおよそ148℃)まで温度を上げることができます。伝達を少なくするため、ガラストップやプラスチックトップになっています。 両側は、製品によってはホイルのような、反射パネルが敷かれていて、オーブンの下部はたいてい黒です。箱自体は 何らかの理由で溶けてしまうことがないように、きちんと絶縁されていなければなりません。
ソーラーオーブンのメカニズム
ソーラーオーブンは、太陽光を集めて調理します。このとき、中の箱の反射パネルに太陽光が当たるように角度がつけられていて、主にそのパネルの補助で調理します。オーブンの断熱された壁が手伝って、箱の中に光が閉じ込められ、熱に変えられます。調理をするとき、黒いフライパンや鍋は熱を維持するので、試しに黒いフライパンや鍋を使ってみるといいですよ。ソーラーオーブンを使うのに1番いい時間帯は、空の1番高いところに太陽が到達するお昼頃。でも、 こういったオーブンの大きな欠点の1つは、ありとあらゆるものの調理ができるわけではないというところです。上昇できる温度に限度があるので、水分を多く含むものの調理に向いています。

エコなクッキングのいいところとは
太陽光を利用して料理をすると、再生不可能な資源を利用し、有害な物質の排出の現象に役立ちます。また、発展途上国の人達が、温かく、ヘルシーな食事が食べられるようにするのにも一役買っています。オーブンが安全で、持ち運びしやすいので、そういった村々の間を移動するのが簡単なのです。それに、上昇する温度には限度があるため、そばを離れたからといって、調理中の食べ物が焦げてしまうこともありません。この便利なソーラーオーブンを使うと、お湯も効率的に沸かすことができます。

Today's Top Articles:

You may also like