Home Solar Power @ja ネバダの巨大なソーラー・タワーが家庭用電力を生成

ネバダの巨大なソーラー・タワーが家庭用電力を生成

by admin

連邦政府に資金提供を受け、ネバダ州トーノパの砂漠の北部にある大規模なソーラー・タワーの建設が最終段階に入りました。600フィートの太陽電池をちりばめた超高層ビルは、近隣の家庭のために電力を生産するのが目的です。砂漠の真ん中に位置する巨大なコンクリートのシャフトは非常に目立った存在です。タワーが可動し始めると、より多くの光や熱を集めるために、タワーは鏡の海に囲まれることになります。

Solar Tower

三日月形の砂丘と呼ばれるこの太陽熱発電所は、電力を生成するために砂漠の極度の熱と直射日光を利用するものです。ヘリオスタットと呼ばれる周囲を取り囲む10,000枚の鏡により、さらに太陽光がタワーに集中されます。その結果、莫大な電力量を生産することができるのです、とSolar Reserve Construction社のマネージャー、ブレイン・ペインター氏が語ります。

太陽熱は融解塩が詰められたいくつかのチューブを通って移動します。そのため、日光が出ていなくてもタワーは十分な量の電力を生成することができるのです。確かにこの革新的な技術は、太陽電池を使用して電力を作るための克服しなければならない重要な挑戦です。溶岩流のような塩が巨大なバッテリーのように作用するので、太陽が頭上で輝いていなくても、電力を作るのは簡単なのです。

10億ドル掛かったこのソーラー・タワーは、もっと確実でエコな電力を生成するために、連邦資金から支援を受けて建てられました。報告書によると、政府が支援するプログラムは最近満期となり終了しました。そのため、これが連邦資金で作られる最後のソーラー・プロジェクトになるでしょう。とにかく、三日月形の砂丘は、大量にある発電量用のソーラーパネル・タワーの中で最大級です。

Via: 8NewsNow

Today's Top Articles:

You may also like