Home [email protected] テクノポッド(Techno Pods):ロンドン市の廃棄物100トンをリサイクルする簡単な方法

テクノポッド(Techno Pods):ロンドン市の廃棄物100トンをリサイクルする簡単な方法

by Ecofriend1874

ロンドンのストリートは現在、画面が装着してある巨大な黒いゴミ箱が点在しています‐高級なゴミ箱に見えるかもしれませんが、ただのゴミ箱ではありません。これらは、「緑」のゴミ箱で、設置されて約一年です。今年は、ロンドン市で生成された廃棄物100トン以上をリサイクルするために稼働しています。これらのユニークなビンは ‘テクノポッド’と呼ばれ、リニュー・ソリューション(Renew Solution)によって設計されました。

このテクノポッドは、LED画像で地下鉄の遅れから、金融市場で何が起こっているかに至るまでのアップデートの様々な説明を歩行者に案内することができます。しかし、このテクノポッドの中で最も重要な機能は、新聞をリサイクルすることによって、都市で配布される幾つかの新聞は無料だということです。
ed-article-images-253945d8-ce6c-4fd7-bbef-59ec63c1d260_JPG

現在まで、リニュー社によって展開されたテクノポッドは、約100台あります。今は、紙廃棄物のすべての種類をリサイクルすることができます。これらのビンは、ロンドンの潜在的な紙の廃棄物を収集する可能性がありますが、地元当局は、常にテクノポッドからの廃棄物の除去のための料金を支払います。これらのユニークな緑のゴミ箱は、国際リサイクルの局が定める都市リサイクル割り当てに準拠していなかったとして、ロンドンによって引き受けられたプロジェクトでした。

またこのビンは、持続可能で環境に優しく製作されています。省エネルギー技術が施してあるスクリーン画面は、電量消費がわずか40%の「適応可能な明るさ」です。明るい画面で機能する場合、LEDスクリーンは、一日あたり約210ワットの電力を使用します。しかしLEDは夜間閉鎖されています。以前、テクノポッドは完全に再生可能エネルギーによって供給されていましたが、現在は、複合型になっています。

テクノポッドを通じてストリーミングされるニュースコンテンツの多くにスポンサーや、投資家が付きます。リニュー社は現在、ウォールペーパー(Wallpaper)、カタール・イスラム銀行とCNBCよりスポンサーを受けています。しかし、リニュー社は、ポッドの数を拡大するために、多くのスポンサーを探しています。最初のテクノポッドのインストールのために、カタール投資局は大幅に財政援助を貸し出しました。

 

AR-130229984.jpgq100maxw620

現時点でリニュー社は、テクノポッドに他の機能無線LANの設備を与えることによって、鉄道ターミナルや空港でこれらのポッドを展開したいと考えています。このモデルは、現在、シンガポールとマンハッタン(米国)など世界の様々な他の金融地区でテストされています。

ですから見ていてください。このリサイクルをはじめとする複数の利点を持ったテクノポッドが、金融都市での共​​通の光景になるかもしれません

Today's Top Articles:

You may also like