環境配慮の原則にこだわりながら、クラフトマンスタイルの住まいを設計する

Craftsman style home

環境に優しい住まいとは、天然資源を保全、保護できるような省エネ住宅であると定義できるかもしれません。環境に優しい住まいは長持ちし、住人にはより健康的な生活をもたらしてくれます。毒性の少ない、持続可能な収穫材料を用いた住まいは、住人にとってはより健康的で、コストも少なくて済みます。さらに環境に優しいと同時に機能的にするために、あなたは省エネへの取り組みをさらに追加することができます。環境に配慮した取り組みはまた、米国のさまざまな州で非常に人気の高いクラフトマンスタイルの住まいにも加えられます。あなたに必要なのは正しい計画を立てることだけです。

1.設計

クラフトマンホームの設計は、独特な建築設計スタイルがベースになっています、そのスタイルはカリフォルニア州に起源を持ち、グリーン・グリーン兄弟の仕事から着想を得たものです。1905年から1935年という期間に建設された多くの住宅はクラフトマンスタイルに基づいた設計になっています。そのスタイルは、20世紀末になって再び重要性や認知度、人気を得ているのです。クラフトマンスタイルには、機能性を高めるためにアジア的建築工法が、また、どんな世代の人々にも好まれるような見た目の良さを得るために英国のアーツ・アンド・クラフトスタイルが組み込まれています。したがって、これらの住宅は、見た目が良いのと同時にいくつかの機能的利点も持っています。建設業者や建築学生等は、その建築スタイルによって、簡単にクラフトマンホームを見分けることができます。

2.木材の必要条件

クラフトマンホームは、その建設に多くの木材を必要とするので、建設中には持続可能な木材を利用しなければなりません。森林管理協議会(FSC)の認定を得ている木材は持続可能なものです。FSCは森林管理に持続可能性基準を用いており、そのプログラムはすべて、定められた規則に沿うものになっています。熱帯林から来た木材、アメリカスギおよびベイマツは避けなければなりません。見直された、あるいは再生された木材を用いて作られている製品もまた、一度すでに使われた木材を用いることになり、必要を満たすために余計に木を伐採することもないので、環境に優しいものだと言えます。

3.窓

クラフトマンスタイルホームの窓の位置や配置は、明らかに住宅の照明を意識したものになっています。窓は、太陽エネルギーを自然のままに利用でき、それによってエネルギー消費を削減できます。この住宅は省エネができるようになり、長い目で見ればさらに持続可能なものにもなるのです。太陽エネルギーを自然のままに利用するのにはソーラー・パネルを必要とせず、計画および位置決め技術を用いて太陽エネルギーを利用します。南向きの住宅は、太陽エネルギーを自然に利用するのには最高の向きになります。東や西向きの住宅なら、対応がさらに難しくなります。日当たりを遮るような高い建物や木があったり、あるいは、住宅自体が十分な日当たりを得られる場所に位置していない場合もあります。そのような状況では、太陽エネルギーの必要条件を満たすために、さらに少し工夫を凝らさなければなりません。

4.省エネ

米国内で消費される総エネルギーの約39.4%を建物が消費しています。したがって、建物の設計では、効率の良い冷暖房空調設備(HAVC)、太陽が当たる方向の断熱の強化、高性能の窓等の対策を講じなければなりません。これらの対策は省エネにも役立つでしょう。

5.節水

米国内での水の総消費量の12%を建物が占めています。低流量の蛇口やウォーターヘッド、ウォーターセンスもしくはエネルギースターのラベルの付いた洗濯機や食器洗浄機、二段階洗浄もしくは低流量のトイレ、全天候型灌漑のできる耐乾性で自然な造園、あるいはクラフトマンスタイルホームの水センサー等を用いることによって、かなりの量の水を節約することができるでしょう。水の使用量や排水量の削減は、水を浄化するのに必要なエネルギー量の削減にも役立ちます。

6.より清潔で健康的な空気

屋内の汚染度は屋外の汚染度よりも2~5倍高いことがわかっています。喘息や癌のような問題は、日中の大半を汚染された空気の中で過ごすことから起きて来ます。米国人は90%以上の時間を屋内で過ごし、したがって、病気に罹るリスクも高くなっています。適切な換気装置、空気密閉、空気濾過、湿気管理などを用いることで、さらには、揮発性有機化合物やホルムアルデヒドのような汚染物質を避けることで、クラフトマンスタイルホームの空気をさらに清潔なものにすることができるでしょう。

7.廃棄物削減と二酸化炭素排出量削減

最新式のフレーミング技術を活用することや効率の良い間取図を用いること、再生可能な資源や材料もしくは再生材料を利用することによって、廃棄物を削減することができます。そのような住宅はまた、エネルギー必要量を下げることによって二酸化炭素排出量を削減することもできるのです。これが、二酸化炭素の排出レベルの削減になり、周辺環境をさらに健康的に生活できるものにすることにもなるでしょう。

結論

クラフトマンスタイルホームは、敷地面積は小さいかもしれませんが、しかし、居住性をさらに良くするためのいくつかの大きな特徴があります。極めて人気の高いデザインは、その設計段階から省エネの原則にこだわることにより、現代のエネルギー需要に対処するために作られたものかもしれません。その過程では余分な支出が必要となるかもしれませんが、しかし、長年にわたって、その恩恵が、かかったコストのすべてを埋め合わせることでしょう。水を浄化するのに用いられるエネルギーもまた削減されます。環境に優しい住宅に対する需要は増加しており、したがって、これらは優れた投資なのです

 

Today's Top Articles:

Scroll to Top