Home Green [email protected] @ja @ja @ja 開発森林は、ストーズ通りの住環境を地球に優しくする

開発森林は、ストーズ通りの住環境を地球に優しくする

by admin

近頃の傾向は、都会の喧噪から離れて、自然に囲まれた沢山のグリーンな特徴のある素敵な家を建てることのようです。フルタイム勤務でキャリアを築くことに野心的で、朝は忙しく仕事に出かけるような、スタジオアパートメントのライフスタイルが素晴らしいですが、セミリタイアのライフスタイルだったり、または大都市に留まることを要求しない場合は、自然にもう一度戻って接触することができます。ピーチェスターは、青々とした緑で満たされるオーストラリアの小さな町ですが、ストーズ通りの住人は、この植物相の間で美しく落ちついた暮らしを送っています。

 

家は過去に小さなダム用地の近くで建設されたようで、この素敵な小さい家のある18ヘクタールの土地に、小さな池がまだ存在します。
一階建ての建築は、自然の長所で満たされる環境は別として、多くのグリーンな特徴があります。ソーラー式温水ソリューション、人工照明を減らす、多くの自然換気を持ち、人工の照明に対する依存を減らし、大型の貯水能力と雨水貯水もできる低エネルギーの照明装置が、この家のエネルギー効率を良くしています。

この家は建築家ティム・スチュワート氏によって、現在の形に改造され、彼らは同様に家の内部の重要な一部として庭も改装しようと試み、これは本当に、人が自然な環境の延長上にあるグリーンな家を、装飾的なテクノロジーの出費なしに、どのように設計することができるか、を体現した素晴らしい例です。
開発森林は、この家の外装と基本構造の殆どをデザインするために使用され、環境意識を高めています。

Via: Freshome

Today's Top Articles:

You may also like