Home Renewable Energy @ja オリジンオイル社、都市における藻類農場の研究を開始

オリジンオイル社、都市における藻類農場の研究を開始

by admin

どれだけの廃水が毎日毎時間、建物のパイプを通って流されるかを考えたことがありますか?そして、その廃水を利用してエネルギーを生成することができるとしたら?ロサンジェルスを拠点とする藻類油サービス業の最先端の会社オリジンオイル社は、廃水の処理に加えて熱エネルギーに変換するシステムを作りました。

End to End Algae Processing

オリジンオイル社はパリの近郊にあるLa Défenseコンビナートで、都市における藻類に関する作業をしています。フランス政府は、新築の建物は水を再利用し、消費するより多くのクリーンエネルギーを生成することを義務付けました。アメリカ政府はこれに関しては少々消極的で、ゼロ・エネルギー商業ビル・コンソーシアムやニュービルディング研究所の報告によると、100件の建物を調査したところ、それに対応した建物は1件もありませんでした。オリジンオイル社のこの技術は、今後アメリカにおいて広く採用されていくことでしょう。

同会社は、フラット・パネルの光バイオリアクタは垂直面の使用に適していると語りました。高層マンションもまた、適切な大きな屋上がある主なターゲットです。数社の現行のプロジェクトが、50,000平方メートルの広さの屋上に設置されました。報告書によれば、4,000平方メートル大の藻類農場が設置された10,000平方メートルの床面積において、毎年、1平方メートあたり40 kWhの電力を生成することができます。言いかえれば、各ユニットが1 kWhのエネルギーを発生し、さらに1 kWhのエネルギーは4ユニット分までの熱を発生することができます。大きなアパートはこの技術を使用して水を加熱することができます。

他の藻類の利点は、従来の処理場で処理がほとんど不可能な、廃水で見つかった医薬化学製品とCO2を吸収する能力です。オリジンオイル社の技術がインプリメントに成功すれば、建物からはこれでに排出してきた汚染がなくなるでしょう。

Via: Smartplanet

Today's Top Articles:

You may also like