環境

ペットボトルと環境

環境はみんなのものです。だからこそ環境を安全に保つ取り組みは、私たち全員の責任なのです。今は、環境に配慮した商品も多様になり、その中から選べるまでに充実しているので、それらを使ってこの取り組みに貢献することができます。 トイレ、燃料、食品、衣類等、様々な分野にエコ商品が登場し、事実上世界中で販売されています。またビニールの買い物袋の廃絶運動も、功を奏し始めています。 新たな問題として、エコフレンドリーなペットボトルに関心が集まりつつあるところです。人一人に必要な水は、一日3.5リットルなので、それだけの水分を何でとるかという選択肢が必要になりました。 簡単なことではありませんが、飲料水をいつも買わなくて済む方法もあります。 水は買わない方が良い? 市販のペットボトルの飲料水は、安全なものとお考えかもしれません。ところが、何回もの試験を経たのち、そういった水もさほど純粋とは言えないことが分かりました。もちろん、広告には新鮮な湧水や丘から直接汲んできた水です、などと謳われていることでしょう。ただ、ほとんどの場合、そういった水は、普通の水に処理を施して塩素や臭いをとったものです。 さらに、このボトルを再利用するのは、なおよくないことです。表示に廃棄するように明記されているはずですが、多くの人はそうはしません。こうすると、水が痛むのはもちろんですが、ペットボトルの方も問題です。 お店で買ってくる水のボトルには、リサイクル可能という表示があるかもしれません。ただ、本当にそれを行う人がどのくらいいるでしょうか?その上、プラスチックというのは当然、環境にはよくないものです。従って、環境にとってはペットボトルは使わない方が良いのです。 エコ・フレンドリーなボトルとは 水筒など、エコな製品はたくさん売られていて、選ぶことができます。その唯一の欠点は、水を持ち歩かなければならないことがあるという点です。常にとはいかないかもしれませんが、ペットボトルの水を買うことは、できるだけ避けることをお勧めします。 質の良い浄水器を買えば、好きなだけ良い水が飲めるわけです。水を持ち歩くことは面倒ですが、環境への影響を考えれば、このくらいのことは我慢しなければならないのかもしれませんね。 Today’s Top Articles:

海藻、8万トンを超える炭素を隔離する

自然炭素貯留能力がある地域を捜すための探求において、海藻が以前考えられたより非常に多くのカーボンを保存することができることが調査で明らかになった。

「Map of Life」:指一本で多種多様な生命体情報にアクセスできるウェブツール

どれくらいの人が地球や自分の身近に存在する生物の多種多様性について思いを巡らしたことがあるでしょうか。さて、そのことについてもっと知りたいと強く思うのであれば、「Map of Life」は一回で用の足りるウェブサイトです。 その基本構想は地球上の動植物の地理的分布状況を的確に把握する洞察力をユーザーに提供することです。デビューバージョンは、一連のグーグルマップに組み込まれていますが、ユーザーがインターネットでこのマップにアクセスすれば、爬虫類、両生類、鳥類、魚類などの世界の30,000種の陸生脊椎動物を詳しく調べることができます。

シリコンコーキングを使う環境的な利点

水の浸透は、住宅でも商業施設でも一般的な問題で、解決するには高品質な密閉材料と溶液を使う事です。適切に密閉する事が出来れば、空気漏れを防ぎ暖房を最低限にする事ができるので、エネルギー効率を最大にする事が出来ます。ですので、密閉材を探していつのであれば、シリコンコーキングをお勧めします。

科学者が北極圏のメタンガスの新規発生源を発見!

デリケートで急速に変化している北極圏は、温暖化の原因となりうるメタンガスが大量に含んでいます。地球温暖化が進むにつれ、凍結した海底堆積物であり北極圏のツンドラ土にも含まれているメタンガスが流出しやすくなり、更に地球温暖化を進める事になるのではないかと心配されます。カリフォルニアに有るNASAのジェット推進力研究所のエリック・コルト氏が率いる研究結果によると、北極圏のメタンに多いな影響を及ぼす原因を突き止めました―それは海です。

ブリキの天井タイル: 環境的配慮の仕方

ブリキの天井は、18世紀後半から19世紀前半に非常に人気がありました。ビクトリア時代には、石工の魅力的な住居の装飾天井を真似するのに安価な物として使われました。ビクトリア時代は天井が高く、温度を室内に反射させる事から、暖房効率が良いものとして歓迎されていました。この時代のブリキの天井は、環境に優しいものとして考えられていました。アンティーク調のブリキの天井があなたの自宅にあれば、環境を考慮した天井にする事が大変な作業であると思われるかもしれませんが、それだけの努力をする価値があります。全ての壁をビニールで覆い、汚れを防ぐ布を敷いて、梯子を固定してくれる人を見つけたら、作業を開始できます。

シアトルの男性、不要となった木に新しい命を吹き込む

自然保護派の人たちは、愛する木のためなら喜んで何でもします。環境保護として木に人生をささげたバーニー・オブライアン氏はその一人です。過去5年間で、シャベルやつるはし、そして30年間乗り続けているフォードのピックアップトラックだけで、約100本の木を生き続けられる環境に移動してきました。オブライアン氏は、木には個性があるという信念により木を大事にし、伐採やブルドーザーでなぎ倒されることになった多くの木々を救ってきました。

トレーラーハウスは環境保護に役立つのか?

プレハブ住宅に分類されるトレイラーハウス、またはモバイルハウス(移動住宅)は、家の敷地で作りません。工場で作られ、出来上がった状態で敷地に運ばれます。キャラバンに似ており、大抵の場合は決まった場所に恒久的に設置されるので、「動かないキャラバン」と呼ばれることもありますが、このタイプの家には牽引のための連結機や車輪などがついていますので、トレイラーにつないで別の場所に移動することもできます。

Scroll to Top