Home 環境 科学者が北極圏のメタンガスの新規発生源を発見!

科学者が北極圏のメタンガスの新規発生源を発見!

by admin

デリケートで急速に変化している北極圏は、温暖化の原因となりうるメタンガスが大量に含んでいます。地球温暖化が進むにつれ、凍結した海底堆積物であり北極圏のツンドラ土にも含まれているメタンガスが流出しやすくなり、更に地球温暖化を進める事になるのではないかと心配されます。カリフォルニアに有るNASAのジェット推進力研究所のエリック・コルト氏が率いる研究結果によると、北極圏のメタンに多いな影響を及ぼす原因を突き止めました―それは海です。

 

Study Finds Surprising Arctic Methane Emission Source

エリック・コルト氏は、ケック宇宙研究所に所属するJPL博士課程を終了した研究者です。コルト氏は、ハーバード大学在学中に分析を始めました。この研究は、飛行機で地球の表面から大気測定結果を収集するHIAPER Poleの北極空挺部隊キャンペーンの一部として行われました。この研究は、どこに温暖化の原因となるガスが出ていて、どこに埋蔵されているかの理解を深めるために行われました。

2009-2010の間に5回行われた低空飛行の北極圏上のHIPPOフライトの間、通常よりも0.5%多いメタンガスがある事を見つけましたが、人間の生活から出されたり、地質中に堆積しているような二酸化炭素は発見されませんでした。

研究チームは、水蒸気、オゾン、一酸化炭素、そして北極圏の割れた氷を分析し、メタンの含有量を比較する事で、メタンがどこに堆積しているかを特定しました。海水に接している氷の割れた部分は、海水は、水中で空気とメタンを混合させ空気中にメタンを排出しています。

ここで出てくる疑問は、何がメタンを作っているかと言う事です。科学者たちははっきりと裏付ける事はできませんが、コルト氏は北極圏の水中に存在する生物が原因ではないかと考えています。もっと確実な結果を出すには、さらなる研究が必要であるとコルト氏は言います。

抜粋: NASA

Today's Top Articles:

You may also like