建築

モジュールSoteria:クリーンエネルギーで作動するコンパクトな一時的シェルター

最も空想的で未来的な概念設計は、命を救って、人々を災害から救い出すのを助ける考えよりもはるかに役に立たないと、我々は常に主張してきた。最終的には、人の生命より貴重なものはなにもなく、環境に優しい技術となると、それが災害管理とリハビリテーションとなるとき、代替エネルギーと環境への解決が従来のパワーよりもはるかに効果的であることはますます明白になっている。 モジュールSoteriaは、この考えを再度強調するようなデザインだ。

東京スカイツリー:世界一高いタワーは見た目にも環境にも優れた高性能照明を使用

ちょうど公式にオープンしたばかりの東京スカイツリーは、634メートルの高さの世界で最も高いタワーとして世界記録を作った。 新しい放送タワーでもあり観察タワーでもあるスカイツリーは、近隣にそびえたつより高いビルに囲まれていた約333メートルの旧タワーに代わる新タワーである。 この新しいタワーは、今日の最も高いタワーの記録を更新するだけではない。その慎重に考えられ作られた革新的なデザインは、地震からの衝撃に耐え、電力消費節約に貢献する照明を備えており、その見た目をはるかに超えた価値のあるタワーである。

ヨンサン国際ビジネス地区に持続可能な高層ビル

ハーモニータワーは、建築家ペロー氏によってデザインされた超高層ビルだ。それは、ヨンサン国際ビジネス地区の北東の角にある。この新しい項高層ビルには、46階から38階にオフィスがある。保護された庭は、美しい漢川の景色を提供する。この建物は、南とで東の正面が一直線上にある。このタワーの地上は、入口のまわりを広く見せるために、内部の方に少しづつ動いている。

熱電併給システムに基づくACXTの社会住宅プロジェクト

Salburúの建築家ACXTの入手可能な住宅プロジェクトは、すべて持続可能な住宅だ。このACXTプロジェクトの持続可能なデザインで、構造の二酸化炭素排出を持続して減少することができると主張する。この居住開発は、2011年に完成した。1階には7つのショップがあり、上の階はすべて住居となっている。4から7階の間にカーブしたブロックが見える。これは建物の骨組みを形成するもので、建物に沿って、カーブする側に建物がそびえ、他の21フロアを作っている。

ドイツ連邦共和国、「環境にやさしい気候基金」の生態学的本部を計画

「グリーンは新しい黒だ」これは環境に優しい気候Fund Bonnの将来の本部のデザインモットーだ。ドイツ連邦共和国は、このプロジェクトのデザイン・パートナーとして、Visionary Architecture研究所(LAVA)を選んだ。「生態学的なモデルプロジェクト」としての洗礼を受けたこの研究所は、ライン川沿いにあり、自然保護部、核安全部、連邦環境省などのさまざまな部門から歩いて行ける範囲にある。

芸術作品を通して自然の組織系を探究

ミラノのBreraの近くには、Academia美術館と歴史的なローマ人の家の間にSecret庭園がある。このスペースは、 Zaha Hadid氏とPaola Navone氏による芸術施設で構成されていて、その空間を驚きの生体模倣に変えている。Hadid氏の作ったものは、3つの部分からなり、その自然界で見られる組織システムには感銘を受ける。彼女の芸術は、2012年のミラノデザイン週間で、Secret Gardenを作りあげる最終単位だ。

伝統的な要素と現代の特徴を融合した統合アパート建築

建築設計の「価値」について考えるとき、概念の場所と直接関係することが時々ある。この場合では、イスタンブールの現代的な「統合」アパートがある。壮大なボスポラス海峡に沿って広がるこの建築物は、人類の歴史の過程にわたってヨーロッパとアジアの高貴な「合流点」として位置している。

Hydrobucolie:都市インフラ整備の新しい概念

現代の都市を今日のテイストに沿い、必要要件も備わった都市へ換えるために、地球上の第一級の建築家たちが考えられうるあらゆる選択肢を検討中だ。都市計画とデザインについて、新しいコンセプトはそれぞれの都市の置かれている自然環境に合わせて都市のシステムを構築することを提案している。例えば、湖、川、海のような水域環境が近くにあるような都市では、周りの環境に配慮する一方、その環境から恩恵を受けるような手法を使って開発を進めるとことが望ましいとしている。

パームセンターパークに屋外太陽光発電キッチン設置決定

キッチンは家のなかでいちばん電気を使う部屋のひとつだと言える。一方にディッシュウォッシャー、もう一方には冷蔵庫、電子レンジ、ミキサーというように、キッチンはかなりの量のエネルギーを消費するところなのだ。プロジェクトはマーチンルーサーキング大通りとグリッグスロードにあるパームセンターパークで今年実行される予定だ。

「Project R6」:持続可能なスペースセイバー ソウルヨンサン国際ビジネス街

韓国は都市の規模拡大を推し進めるにとどまらず大改造にも取り組んでいる。韓国の首都ソウルは都市の輪郭が大きく変貌しつつある。政府ほか利害関係者は都市環境を変えるような今までにない着想を創出するよう、デザイナー、建築家に要請依頼中だ。ソウルのヨンサン国際ビジネス街は拡大と再構築の主要な一例だ。15人の異なる建築家たちが二酸化炭素ガスを大量に排出することなく、人々を収容する施設建設のプランを編み出そうと取り組んでいる。ニューヨークに本拠地を置く企業、REXは地域の再構築のデザインを任された15ある建築会社の1つだが、「Project R6」というタイトルのタワーを提案した。それはまるで引き出しが開けられたままのキャビネットのようだ。

Scroll to Top