Home 建築 Hydrobucolie:都市インフラ整備の新しい概念

Hydrobucolie:都市インフラ整備の新しい概念

by admin

現代の都市を今日のテイストに沿い、必要要件も備わった都市へ換えるために、地球上の第一級の建築家たちが考えられうるあらゆる選択肢を検討中だ。都市計画とデザインについて、新しいコンセプトはそれぞれの都市の置かれている自然環境に合わせて都市のシステムを構築することを提案している。例えば、湖、川、海のような水域環境が近くにあるような都市では、周りの環境に配慮する一方、その環境から恩恵を受けるような手法を使って開発を進めるとことが望ましいとしている。

Hydrobucolie

モントリオール島の大半の区域を占め、セント・ローレンス川とオタワ川の合流地点に位置するカナダの都市、モントリオール市は、そういった新しいインフラ整備計画が検討され実施に移される予定の都市だ。しかしこの提案されている都市再整備計画ついては反対論がないわけではない。プランを実施に移す前に解決しなければならない多くの重要な問題がある。これらの問題の最も肝要な点はエネルギーの配給とインフラ整備の課題をどうするかということだ。この種の都市計画に関して、全くといっていいほどに楽観的見方をすることなく、即座に計画に異議を唱えるグループがあることも事実だ。しかしながら、水域環境の周辺に計画されて建設されるそのような新時代の都市が実現すれば、今の時代を象徴するような、いままでに例を見ないようなアイコン都市になる可能性は十分あると楽観論者たちは信じている。

そのような都市を作る着想はまだ企画の段階で審議中だ。さらに推し進めるにはパラダイムシフトすることでさらに進んだ企画にして、原型となるウォーターシティーを作り上げていく必要がある。都市のさらなる拡張化に対処し、水資源がうまく管理される方法を見出すまでには、すべてにおいてこれまでにないアプローチが必要となる。適宜に公式化され応用されれば、取り巻く水資源と調和して共存する都市のアイディアが実現する見込みが出てくる。現在世界の都市環境の多くが直面している1つの共通の問題は空き空間が足りないことだ。背景には増え続ける人口が及ぼす凄まじいほどのプレッシャーがある。よいニュースとしては、新しいコンセプトのウォーターシティーは都市の定住拡大に対処する方策として、数多くの新たなスペースを供給する可能性を秘めているということだ。この新しいコンセプトの成功の鍵はこのコンセプトが実際にどのようにして実行に移されるかにある。

 

Today's Top Articles:

You may also like