Home 建築 伝統的な要素と現代の特徴を融合した統合アパート建築

伝統的な要素と現代の特徴を融合した統合アパート建築

by admin

建築設計の「価値」について考えるとき、概念の場所と直接関係することが時々ある。この場合では、イスタンブールの現代的な「統合」アパートがある。壮大なボスポラス海峡に沿って広がるこの建築物は、人類の歴史の過程にわたってヨーロッパとアジアの高貴な「合流点」として位置している。

Synthesis in Istanbul'

実際、この壮大な場所は異国情緒漂う場所という側面だけではない。 イスタンブールはユーラシアの繁栄する中心都市の1つであり、それゆえに、静かなアパートでの生活スタイルを求めて閑静な場所を見つけることは必ずしも容易ではない。 しかし、統合に関して、デザイナーたちは、静かな場所にボスポラス海峡を見渡す適度に平和な雰囲気と眺めの美しい景色を組み入れることに成功した。

さらに、2つの有名な文化を並べるように、アパートの場所の特性もデザインの考える二元性を象徴している。例えば、構造は、現代の建物にその土地特有の価値を形成することで伝統的な要素と現代の要素とを融合したものになっている。Iznic陶器、トルコのソファ、パイルでないカーペットによるこの融合的な組合せの一部は、トルコの豊かな歴史、特にオスマントルコ時代の影響を直接受けている。

最後に、統合の現代的側面から、建築家たちは、絵のように美しい環境に与える影響を最小限に抑えるために、二酸化炭素量の少ない場所に決めた。このことには、きれいで環境にやさしい発電をするために、アパートの屋根と側面にソーラーパネルを組み込むことも含まれている。

 

Via: Behance

Today's Top Articles:

You may also like