Home 建築 熱電併給システムに基づくACXTの社会住宅プロジェクト

熱電併給システムに基づくACXTの社会住宅プロジェクト

by admin

Salburúの建築家ACXTの入手可能な住宅プロジェクトは、すべて持続可能な住宅だ。このACXTプロジェクトの持続可能なデザインで、二酸化炭素排出を持続して減少することができると主張する。この居住開発は、2011年に完成した。1階には7つのショップがあり、上の階はすべて住居となっている。4から7階の間にカーブしたブロックが見える。これは建物の骨組みを形成するもので、建物に沿ってカーブする側に建物がそびえ、他の21フロアを作っている。

Social housing scheme

主要なブロックの高さの変化は、すべて日光と明確な太陽光によるものだ。南に向かうこの高さの制限により、ほとんどのアパートは太陽を直接見ることができる。この構造の南西側に位置するタワーは、建物の大部分でどんな時間でも太陽を浴びる。この熱電併給システムにより、この建物はより持続可能なものとなる。この現場では、109kWの暖房熱と、70kWの動力を作り、系統電力と比較して大きなエネルギーを供給する。これは、生産する熱の大部分がこの近くの場所で利用されるという事実のためである。それゆえにこの熱電併給システムは、同じ燃料を2回利用するようなものだ。

ACXTに従って、建物はネットワークへ戻って売られる電気を生産することができる。このことは、建物が必要とする量と比べて、熱電併給システムがより多くの電気を生成しているということを意味する。さらに、この建物での滞在をより楽しいものにするために、デザインタッチを見ることができる。

 

Via: Gizmag

Today's Top Articles:

You may also like