Home Tranportation CSRの研究者、高速カーボン・ニュートラル機関車に取り組む

CSRの研究者、高速カーボン・ニュートラル機関車に取り組む

by admin

現代の鉄道産業において、初期の蒸気機関車の有意性は実際にあると思いますか?確かに、1937年に初めて製造された過度に石炭を消費する古来の蒸気機関車は、今日において無益かもしれません。しかし、米国のCoalition for Sustainable Rail (CSR)で開発中の機関車3463号は、新時代の大きな卓越性を秘めています。この機関車は、人気のカーボン・ニュートラルの証明書を有する高速機関車です。機関車は石炭の代わりにバイオ石炭を使用します。

CSR project

非営利組織のSustainable Rail International (SRI)とミネソタ大学の環境研究所が提携したCSRがアピールするように、これは世界初のカーボン・ニュートラル機関車です。確かに、炭素を排出することなく走行することができる列車の開発実験です。自然の生態的均衡を持続するとい目標を達成するために、バイオ燃料を使う蒸気機関車の旧テクノロジーへ戻るべき時なのかもしれません。

CSRチームは時頃、プロジェクト130と呼ばれる機関車に取り組んでいます。その主要目標は、世界中で最も無公害でパワフルな旅客機関車を作成することです。研究者はGreat Overland Station Museumから寄贈された機関車3463号を再加工して大きな進歩をとげました。環境にやさしいバイオ石炭を使用するこの機関車で、目標速度である130mphを確実に達成しました。

高速のエコ機関車は、見た目の重金属が特徴ではありません。灰や気体廃棄物、煙の排出量の少なさが大きな特徴です。ミネソタ大学のロッド・ラーキンス氏によれば、カーボン・ニュートラル機関車は、国の化石燃料に対する大きな依存を減らす技術的先駆者となるでしょう。

Via:Gizmag

Today's Top Articles:

You may also like