Home Tranportation Civic(シビック)を充電して電気の節約

Civic(シビック)を充電して電気の節約

by admin

2001年から2005年製のCivicを排気ガスの出ない自動車に改造することで環境を保護することができます。カーネギーメロン大学のグループは、24,000ドルの自動車改造キットを開発しました。このキットには、電気ヒーターとポンプ、Civicに適合する電動モーターと他の関連するエレクトロニクス装置、10.5キロワット/時のリチウム電池とその他のすべての必要なアダプター、さらにバッテリー状態の統計値を出すコンピューター・ディスプレー装置が含まれています。このDIYキットは、Civicのスペアタイヤに分類することができます。

New Electric Car Conversion Kit

自動車を電気自動車に改造することは、大きなビジネスチャンスです。ALTeを始めとする数社は、同様のビジネスモデルを模索してきました。類似した路線としては、車体とニッチ自動車用のプラグ・インのハイブリッド・バージョンを開発しました。例えば、フォードは、v-8を4気筒のF-150に切り替えることによりエコに貢献する車両を開発しました。これは2つの60キロワットの電動モーターと、22キロワット/時の通常のバッテリーパックが付いてきます。

ハイブリッド車を購入する代わりに、現在乗っているCivicを電気自動車に改造することは、地球環境を保護し、結果的に廃棄物の埋め立てを縮小することにつながる良い選択肢です。自動車は約60時間でキットを設置することができます。さらに、Craigslist(クレイグスリスト)に古いエンジンやトランスミッションを売ることができます。つまり、地球の環境に貢献しようと思えば、多くの選択肢があるのです。

Via: Forbes

Today's Top Articles:

You may also like