Home ガジェット EGスクリーン:発展途上国の幼児に携帯用聴力診断装置を

EGスクリーン:発展途上国の幼児に携帯用聴力診断装置を

by admin

発展途上国に住む貧しい人々の健康基準を支える事に私達誰もが無関心でした。教育やお金やインフラへの取り組みはには努力していても市民の健康や福利は置き去りにされています。産前産後の適切なケアが欠けていたために栄養失調の子供達が生まれ、この子達は生まれながらに生命力が失われています。完全失聴はこのような問題の一つで発展途上国に広がっており、特にアフリカが深刻です。国々や個人がこの問題に取り組むのを援助しようと決心したジサン・パークは幼児の為の携帯式聴力診断装置、EGスクリーンを考案しました。

EG Screen

聴力診断の解決策を開発するには時間が掛りましたが、簡単に使えて環境に優しく最低の機能を持ち価格効率も良いのでボランティアや聴覚訓練師や医者達が簡単に使用する事が出来ます。従来の補聴器は多くの固有の欠点があり電池の交換も度々必要で、手頃な価格の装置ですが入手困難で操作も複雑です。スクリーニング装置がソーラーパネル と共に裏側に設置されていて電気が無くても装置は有効に稼働します。太陽光エネルギーを利用するために、太陽光が当たるところに単に置いておくか窓から吊るしておきます。取扱説明書が装置のカバー本体に印刷されているので取扱説明書を保存しておく必要がありません。装置が提供する全ての効用に加えて、設計も人間工学的にしっかりしていて操作しやすく出来ています。

発展途上国が聴力診断の問題では一息ついたように見えますが、訓練された人材や施設がない所では子供達や両親を援助しています。勿論EGスクリーンの配布が予防接種のプログラムと統合されれば、そのメリットは広範囲に適用されるでしょう。

Via: ジサン・パークのデザイン

You may also like