Home 環境に優しい製品 フィリップスが20年使える60ドルの電球を設計

フィリップスが20年使える60ドルの電球を設計

by admin

アメリカの平均的消費者は国の技術電球に幾らくらいお金を払うでしょうか?合衆国政府は新しい電球を発売する予定で、それは最も経済効率の良い電球だと言われ20年使用可能だそうです。考え方は夢のようですが欠点は1個60ドルで売られることです。

There's a bright idea: The energy-saving light bulb that lasts 20 years... and costs $60

電球が作られたのは、2007年に60ワットの白熱電球の代替品を見つけるため、政府が厳しい必要条件を付けて賞金1000万ドルのコンペを行ってからです。面白いのは唯一の参加者がオランダのメーカー「フィリップス」で、従って勝者を宣言されたのです。

この60ドルは構成要素の、特に光を出すハイエンドダイオードコストを表しています。しかしフィリップスは消費者に対し50ドルに価格を下げ、さらに20ドルから30ドルくらいまで価格を引き下げるために公益企業と協定を結ぼうとしています。公益企業はオンラインセールスには助成金を出さないので、オンラインで購入する場合は50ドル支払う事になります。勝利した電球は初年度は市場で22ドルで販売されなければならないとコンテストに明記されていたので、公益企業がそのコンパクトな蛍光電球はエネルギー消費を制限できるとして割戻しを既に申し出ている時から、60ドルの値札は物議を醸していました。

このフィリップス電球は僅か10ワットの電気を使うだけなので、1日4時間の使用で年間8ドルの電気代節約が出来る計算になります。この高価な電球はまた、最低でも3万時間の寿命が期待できます。他のCFLにはない独自の特徴は3倍長持ちし、より自然に見える光を放つ事です。また電球が壊れた時に怪我の原因となる水銀蒸気は含まれていません。

Via: デイリーメール

Today's Top Articles:

You may also like