Home Eco [email protected] @ja エコグルーマーのテクノロジーがスキースロープを環境に優しいものにする取り組み

エコグルーマーのテクノロジーがスキースロープを環境に優しいものにする取り組み

by admin

環境保護の取り組みは、地球温暖化が話題になっている現代で、殆どの会話や議論に散りばめられることの多い、人々の関心が高いトピックであり、また全てのスキービジネスの夢でもあります。それに加え、環境保護は、スキーリゾートの広報宣伝活動にとってもメリットがある取り組みです。スキーリゾートでは、雪を柔らかく整備し、スキーに適したコンディションにする為に多くのお金と化石燃料を使用します。ですが、エコグルーマーというアメリカのフロリダにある会社はスキーリゾートやスキー産業にとって、雪の整備にかかる多くのコストを削減することができる大胆で賢い方法を提案しました。

Volvo-Powered Ecogroomer

スキーリゾートではお客さんを惹き付けるために雪の整備が欠かせません。ただ、ここ何年かの燃料の高騰は、リフトのチケットがかなり多くのスキーリゾートで1日100ドル以上もするというマイナスの影響をもたらしています。しかしエコグルーマーは雪を整備する機器をより燃費の良いものに改良し、廉価でクリーンなものにしています。そのテクノロジーは、電源内蔵型の整備ユニットからなり、いままで使われていた雪の整備機器の両サイドに取り付けられます。それぞれのユニットが、内蔵エンジンによって作動し、整備するべき雪の表面の200パーセント以上をカバーできます。

エコグルーマーは雪の整備機器を現在マーケットで流通している他の機器に比べて30から35パーセント省エネな商品であることを明言しています。エコグルーマーは、スキーリゾートに対して、もしこの商品を使ったなら、2020年の終わりまでに1億5000万ドルのお金と、7570万ドルリットルの化石燃料が削減できると主張しています。もちろんコスト削減は、スキーリゾート利用者にとってもリフト代金の値下げという意味で同じ様に利益になることでしょう。エコグルーマーの整備機器は、2012年から2013年のスキーシーズンにかけてロッキー山脈の付近のスキーリゾートで導入される予定です。

エコグルーマーはこの雪の整備機器を、売るよりもむしろリース契約をすることを計画しています。スキーリゾートはその機器を使用した時間数によって使用料を計算され、料金をチャージされます。エコグルーマーは、自動車メーカーのボルボが、この機器のエンジンを供給することを発表しました。他にいくつかのカナダ、そしてアメリカの会社がこのプロジェクトに協力する予定です。

ギズマグより

Today's Top Articles:

You may also like