Home Eco [email protected] @ja ニューオリンズのエコ知識が豊富なAeroponic農場

ニューオリンズのエコ知識が豊富なAeroponic農場

by admin

大部分の都市は少スペース化の危機に直面していて、ここで消費される農産物は、通常外部から供給されています。多くのエネルギーが食物生産物を都市へ輸送するために消費されます。さらに、都市居住者は、生鮮品をサンプリングすることはめったにありません。しかし、限られたスペースでさえ作物を栽培する垂直農法のコンセプトは、市内の居住者のために変えることができます。そのような構造が多くの市街化区域で計画されていて、最近、ニューオリンズに全く新しいAeroponic農場が登場することが発表されました。

NOLA Gets First Aeroponic Urban Farm

Aeroponicsとは、ある種の再循環農場です。これらの農場では、土の代わりに水を使用する革命的な技術が作物を育成するために適用されます。クローズ・ループ配置を設定して、植物を育てるために栄養となる水を豊富に使用します。設計としてはタワー型の庭園で、フレーミングの環境にやさしい革新的方法を促進するために、Hollygrove農場と市場が主催しています。屋外で簡単に使用することができる食物の安全なプラスチックが使用されています。

タワーには多くのエコな条件があります。第1に、農場から水が流出することがありません。したがって、貴重な天然資源を節約することができます。さらに、構造的に植物を垂直に育てることにより土地を有効利用することができます。野菜類は、ほとんどどんな場所でも生産することができます。収穫は屋内やオープンな屋外、または思いつくどんな場所でも栽培することができます。

園芸の新しい作物はコミュニティのために耕作され、毎週、約40ポンドのグリーンが収穫されます。5平方フィートの面積において、およそ44種類の植物を栽培することができます。農場にはAquaponicモジュラー生産システムが採用されており、これがルイジアナに配置された都市型農業開発です。

Via: Jetson Green

Today's Top Articles:

You may also like