アート@日本語

クール!電子廃棄物からつくる自動車の彫刻

地球上で電子廃棄物は足りなくなることがなく、現代的なガジェット類が、日常的に市場にあふれ、今後数十年で廃棄物の山を築くことになるのは、ほぼ確定しています。新しい技術的ブレイクスルーによって、次世代の電子機器の発達が起これば、古いものは時代遅れとなります。時代遅れなガジェットは、ほとんどの場合埋め立て用の廃棄物となり、遅かれ早かれこの廃棄物を捨てるスペースがなくなってしまいます。リサイクルと再利用は最善の方法で、ケン・スワロウ氏が発表した「リサイクルされたインスピレーション(Recycled Inspiration)」は、このコンセプトを最もよく表現しています。

アーティストが、ロシアの街の老朽化した建物にオリジナル作品を創って活気を与える

革新的な建造物は、その壮大なスケールにもったいぶったコンセプトを常に表している訳ではありません。既存の構造物、道路や都市設計、循環システムの「再生」は、きちんと定義された建物を新しく建築するのと同じくらい重要です。様々な空間要素の活性化を暗示して、アーティストのニキータ・ノマーツ は繊細で意欲的なストリートアートプロジェクトに乗り出しました。彼女の素晴らしい努力は、歴史的に重要な ロシア西部のニージニーノブゴロド市の荒廃した通りをすっかり生き返らせました。

スプレー塗料缶とノズルが素晴らしい花の彫刻に変わる

愛することが出来ますか?答えは殆どの場合肯定的だろうと思われるのでこのテーマをこれ以上は引き伸ばすのは止めましょう。しかし缶を愛することは出来ますか?馬鹿げた愚かな質問に聞こえるでしょう。ヒラリー・コー氏は違います。彼女の工夫や創造力で、落書き好きやそこら中で見かけるスプレイペイントの廃棄缶やノズルを使って注目を引く彫刻を作っています。

『オルト自転車』 20人のアーティストが20台の眩しいリサイクル自転車を10日間で作る

これは私達にはなじみはありませんがヨーロッパから来た自転車リワークプロジェクトです。スロベニア、リュブリャナの20人のアーティストは古い排気自転車を彼らの魔法でユニークで新しい自転車に改造しました。彼らがこれを漕いで道路を走っていたらきっと振り向くでしょう。スロベニアの電話会社オルトによるプロジェクトで再生された自転車は既に世界の注目を集めていたようです。それは一つ一つが紛れもなく明確に個性を顕わにしている彼らの特別なデザインのおかげです。

アーティストは繊細な彫刻に彩り豊かな紙幣を使う

私達の殆どは、お金は物を買うために使うか休暇を取るために銀行に預けておきます。私達が考えている環境保護とは厳格に売買を節約する事ですが、お金で彫刻を作るというクリスティ・マラコフの視点が面白いのはここにあります。カナダ人の視覚的アーティストは世界中の紙幣を切り貼りし、折る事で奇抜な作品を作り上げました。彼女はアメリカドルからトルコリラまで全ての紙幣を使っています。

Scroll to Top