Home アート@日本語 アーティストは繊細な彫刻に彩り豊かな紙幣を使う

アーティストは繊細な彫刻に彩り豊かな紙幣を使う

by admin

私達の殆どは、お金は物を買うために使うか休暇を取るために銀行に預けておきます。私達が考えている環境保護とは厳格に売買を節約する事ですが、お金で彫刻を作るというクリスティ・マラコフの視点が面白いのはここにあります。カナダ人の視覚的アーティストは世界中の紙幣を切り貼りし、折る事で奇抜な作品を作り上げました。彼女はアメリカドルからトルコリラまで全ての紙幣を使っています。

Spectacular Three-Dimensional Money Sculptures

この見事な作品は非常によく作られていて、実際の紙幣を使用していると気付く人は少ないでしょう。様々な紙幣を混合しているのは、3D多角形や様々なデザインや、花の様に異なる形を作るために色々な紙を使い彫刻をカラフルに仕上げるためです。実際その演出は布の様に柔らかで全てが整理されています。

マラコフは長い間芸術とファンタジーのファンで、彼女の世界に影響を与えたディズニーやロアルド・ダールと共に育ちました。彼女はまた、CSルイスのナルニア国物語シリーズの本のストーリーの様に、無生物に命を吹き込む力に魅了されてきました。この様に彼女の作品の殆どは、立体作品を作るために紙幣やシリアルの箱や写真のような平面の媒体を使っています。彼女が使っている媒体の殆どが消費主義に身を固めているので、物体に人間性を加味したいと考えています。

マラコフは繊細さと美しさの世界を表現しようとしているようです。多くのアーティストが私達の住む混沌とした世界に秩序をもたらそうと努力しているので、これは驚くべきことではありません。彼女のデザインは気まぐれですが意味深く芸術的に達成されていて、その影響が彼女が創作している作品に刺激を与えているのが分かります。彼女は今、自然の力とそれを使って新しい作品を息付かせようとしています。

 

Via: マイモダーンメット

Today's Top Articles:

You may also like