Home Solar Power @ja @ja お庭にいかが?ソーラーLED

お庭にいかが?ソーラーLED

by Ecofriend1874

ソーラーLED照明が、次第に普及してきています。これらは環境に優しく、高品質な素材でできていて、デザインも多種多様です。嵐、雨、雷などの自然現象にも耐えられるので、庭や屋外の照明に向いています。また車寄せや歩道の安全を守るためにも充分に使えます。信頼性があり、多機能で、再生可能エネルギーの利用促進にもなるほか、取り付けが簡単で安全というメリットもあります。明るさは、従来の電球と変わりませんが、使用するエネルギーはほんの少しです。そのため、金銭面でも大きな節約になり、電力消費も削減します。環境もきれいに保ちます。

機能と寿命:

ソーラー照明は、太陽の紫外線を感知して作動します。ソーラーパネルが搭載されていて、その太陽光エネルギーを電力に転換します。太陽光から転換されたエネルギ―は電池の保存されます。LEDは、電球型蛍光ランプ (CFL)、ハロゲン電球、白熱電球等を使った、屋外用照明と比べて寿命も長く、最長で25年持ちます。壊れたり切れたりした電球を取り換えなければならない、という事態はめったに起こりません。

取り付け:

従来の庭用照明と比較して、ソーラーLEDは便利なだけでなく、取り付けが容易です。LED照明はワイヤーやコードで接続しているわけではありませんし、取り付けるのに、掘削も要りません。そのため、感電やコードに引っかかるなどといった事故のリスクは著しく軽減されます。あちこち動かすことも思いのままにできます。照明の寿命を延ばすため、庭に取り付ける前に必ず太陽の下で数日間充電する必要がありますが、その後は定期点検も特別必要としません。ただ埃やすすがたまると、ソーラーパネルの効力が減ります。最高の状態で機能させるには、湿らせた布でときどき拭くだけで大丈夫です。そうすると、ソーラーパネルの太陽エネルギー吸収率がよくなり、庭や屋外をもっと明るくすることができます。

このシステムのたった一つの厄介なところは電池です。電池の不具合が、起こりうるトラブルではもっともよくあるものです。電池の交換は、ときどき行わなければなりません。

Today's Top Articles:

You may also like