カリフォルニアのビートを栽培する農家が、エタノールを生産するための 大規模なバイオ精製所を建設

世界の砂糖のおよそ20%ほどが、スクロースが豊富な甜菜作物の根茎を処理して出来ています。しかし、間接的に糖尿病に関与するよりも、今回、サンホアキンバレーの西側の甜菜の栽培農家の人たちは、自分達の作物栽培の専門知識を、もっと持続可能な何かに用いることを決めました。農家たちは、甜菜を、カリフォルニア州の商用エタノールを生産する地元のバイオ精製所に供給するために栽培するという、野心的な試みに着手しました。

Central Valley beet growers closer to massive bioenergy plant

Mendota Advanced Bioenergy Beet Cooperative社と、Mendota Energy、 LLCという、主に甜菜農家で構成されている2つのグループは、その試験的なプロジェクトを始めるために、総額5百万ドルの予算を認可してもらうため、カリフォルニア州エネルギー委員会に申請する予定です。この提案は、1年のサイクルで収穫される250エーカーの甜菜から百万ガロンのエタノールを生産する能力のある小規模の精製所を始めるということも含まれています。 甜菜を栽培するために使われるエリアは2億ドル以上の価値のあるより大きな精製所の半径60マイル程の所です。

このプロジェクトは、2008年に既にカリフォルニア州エネルギー委員会からゴーサインが出ていて、農家たちはその実現性の可能性調査のために72,000ドルが認可されていました。1年後、甜菜の潜在力や、他の農業廃棄物から効率的なエネルギーの燃料を生成すうる調査のために農家たちはさらに150万ドル与えられました。A

それから3年後の現在、農家たちは本格的なバイオ精製所を設置する3つ目で、最後の段階を心待ちにしています。また、2008年に突然砂糖の精製所が閉鎖されたためにそこへの供給が途絶えてしまったので、今回のこの提案は、人々に“環境にやさしい”雇用を与えるという利点もあるのです。

Via: WesternFarmPress

Today's Top Articles:

Scroll to Top