ブドウ糖からメチルケトンを作りバイオ燃料に変える

バイオ燃料は、最初に化石燃料の代替品となったもので、米国空軍などが、ジェット燃料とバイオ燃料を混合してテストフライトで成功を収めています。 これは、燃料問題の解決策を真剣に探してきた、化石燃料に枯渇した地球にとって良いニュースとなりました。 植物油や動物性脂肪や食物は、バイオ燃料生成に使われる一般的な素材の一部です。 米国エネルギー省はこの方法を採用し、環境に優しい資源は香ばしい香りを漂わせているように見えます。 チームはバイオ燃料生成する為に、メチルケトン開発の成功に向けて取り組んでいます。

A Fragrant New Candidate For Biofuel

メチルケトンは長い間、香りの良いチーズやエッセンシャルオイルの開発に使われてきました。 今、実行可能な 代替燃料のオプションとして、バイオ燃料を生成する能力をテストしています。 研究者達はこのメチルケトンが高いセタン値を持つことを発見し、これ高度なバイオ燃料生産における、候補であることを示しています。 因みにこの高度なバイオ燃料は食物用植物ではなく、農業廃棄物から作られるものです。

チームは大腸菌で実験し、大量のブドウ糖ベースのメチルケトンを開発する為にそれを修正しました。 バクテリアのメチルケトンの力価生産は、天然大腸菌タンパク質とFadMの出現を増加させ、ベータ酸化の特定の手順を変える僅かな修正で、400倍以上増加させることが出来ました。

研究者達はメチルケトンのセタン価を調べる為に、2種類のテストをしました。 米国ではディーゼル燃料は最小のセタンレベル40でなければなりません。 2種類を合わせる事によって、チームはセタン数を58.4に下げることに成功しました。 そして今、メチルケトンの融点を下げる為に微調整するよう取り組んでいます。 これが達成すれば、それらは冷温燃料として使用することが出来ます。

 

Via: レッドオービット

Today's Top Articles:

Scroll to Top