Home Autos @ja @ja プロトタイプの航空機は、排気ガスゼロの人力飛行

プロトタイプの航空機は、排気ガスゼロの人力飛行

by admin

定義による人力航空機(HPA)は、直接の人的エネルギーによって動力が供給された航空機で、人間だけが唯一の動力源となるものです。このような奇抜な航空機は、レクリエーションや輸送というよりも、主にエンジニアリング機能を試すものとして設計されています。しかし、しいて言えば、このようなコンセプトは、人力という「クリーン」な動力を利用して気流を捕えて空を飛ぶものなので、最も環境にやさしいと言えます。面倒な話はこれくらいにして、10個の革新的な持続可能なプロトタイプの航空機を見ていきましょう。

スノーバード:

スノーバードと名前が付けられたこのHPAは、トロント大学の航空宇宙研究チームが考案しましたもので、フラップ型の羽をしています。この種類の飛行機は、テストで飛行時間19.3秒、平均速度25.6kph、そして飛行距離145mの結果を出しました。注目すべきことには、この機体の重量は94 lbs(約42.7kg)しかありませんが、翼幅が32メーター(105フィート)もあります。余談ですが、パイロットは、排気ガスゼロの航空機を操縦するために自分の体重の18 lbsも減量しなければなりませんでした。

Windowsプロジェクト・フェニックス・グライダー:

マイクロソフト社が作成したWindowsプロジェクト・フェニックス・グライダーと名付けられたこのコンセプトは、450ポンド(204kg)の有効搭載量があります。虹色の色使いの鮮やかさにはだまされないでください。前回のFlugtag競技大会で207フィートの記録を打ち立てた、この1,000ドルの航空機は、リサイクルされたプラスチックのソーダ・ビンから造られていて、翼には古いウインドサーフィンのマストを炭素繊維にして巻きつけています。

85フィート翼幅の飛行機:

独創性、信頼性、そして創意性が次にご紹介するエントリーの特徴です。1人の19歳の青年、Jesse Van Kuijk君が考案したこの飛行機は、翼幅85フィート、重量が56kgで、ペダルのパワーで飛び立つことを目指しました。機体はバルサ材、先端耐性ホイル、そしてポリエチレンラップから構成されていて、チェーンが故障する前の最初のテストで、距離35フィート、高さ5フィートの飛行記録を出しました。若手デザイナーの努力を心から称賛するとともに、今後、さらなるコンセプトを見ることができることを期待します。

ライト・イーグル:

飛行機について話す場合、NASAを外すことはできません。NASAのダイダロス・プロジェクトの一部として、ライト・イーグル航空機は、1987年にカリフォルニアにあるNASAドライデン・フライト・リサーチ・センターのロジャーズ・ドライ湖で処女飛行を行いました。この飛行機は、3つのカテゴリーにおいて記録を作りました。それらは、直線の飛行距離、クローズドサーキットの距離、そして人力飛行の女性部門における持続性の世界記録です。

中国の人力飛行機の第1号機:

中国は経済と自動車産業すべてに印象づけしたことによって、人力飛行機分野の開発に乗り出しました。有名なF3Aモデル工場の経営者であるMao Yiquing氏は、翼幅89.9フィート、重量103.6lbs(47kg)の航空機を考案しました。テスト飛行において、飛行時間19秒、高さ8.53フィートで距離413.8フィートの飛行に成功しました。

Vélair 89:

Vélair 89は、1989年、当時厄介だったHPA(ヘクトパスカル)の答えとして作成されました。小さなパイロット・ポッドを備えたコンパクトな航空機として考案されて、それ自体で比較的に高速スピードを出すことができました。必要なトータルのパワーは、60kgのパイロットが乗って225Wで、最大水平速度は22KEAS(41km/h)でした。

ガメラ:

これは、A.ジェームズ・クラーク・エンジニアリング・スクールの学生チームによって設計された、人力のヘリコプターです。ガメラと名付けられたこのヘリコプターは、女性が操縦する人力のヘリコプターとして、世界記録を破ることを想像されました。機体は各両端の軸車(直径42フィート)を備えたX-形の構造(長さ60フィート)で、全体的にバルサや泡状物質、マイラー、炭素繊維、そして「その他の軽量素材」の合成物から作られています。

 

ライト・エネルギーIII:

国際マラソン・クレマー競争の選手の一人、Dann Aamann氏が設計したライト・エネルギーIIIは、翼幅14m、重量がわずか22kg、面積14平方メートルの飛行機です。「ライト・エネルギー」の初期の2バージョンを基に設計されました。そして、創造者によると、この3機目が、技術的に最も進んでいます。

 

実際に航空機を操縦すると、飛行速度力は45km/hで、飛行時間およそ1時間のこの飛行機は、人間の技術の最高の人力飛行機と言えます。

ペダル動力式の飛行船:

映画ファンの多くは、映画E.T. のシーンにあった「空飛ぶ自転車」を覚えていることでしょう。フランス人のStephane Rousson氏は、Zeppy(ツェッペリンの愛称)と名付けた、ペダルを動力とする飛行船でイギリス海峡の横断する試みに成功して、今や現実のものになりました。この飛行船の仕様は、直径5メートル、長さ16メートルの機体で最大速度が20kphです。実は、これは、先進の流線形を特徴とする、初のペダルを動力とする飛行船です。

スカイ・ランナー:

 

ロード・ランナーとは全く異なり、この40kgのペダル動力のコンセプトは、実際に韓国の空軍士官学校によって開発されました。翼長30mのプロペラ航空機は、テスト飛行において150m飛ぶことができました。しかし、設計者は、将来的にこの既存のプロトタイプのより良いバージョンを製作することを望んでいます。

 

 

Today's Top Articles:

You may also like