Home Autos @ja @ja 際だってユニークな人間が動力のくるま 

際だってユニークな人間が動力のくるま 

by admin

人力の乗り物を思い描くように求められたら、一番、最初に心に浮かんでくるイメージは自転車に違いない。自転車は人間の筋力を利用するとともにさらにそれを増幅させる装置だ。同じ労力を使いながら、歩いたり走ったりすることでは本来得ることができないスピードを獲得することができる。自転車が発明されて以来、筋力仕事率を最大限にするための技術の進歩には著しいものがあった。したがって、あなたが自転車に乗り換える動機としては、運動のため、環境に対する配慮、経費削減、またはレジャー目的などいろいろあると思う。いずれにせよ、これから紹介する12台の印象に残る人力の車をチェックしてみようではないか。

Race with human-powered electric-assist vehicle:

羽毛にインスピレーションを得て、メキシコ人のデザイナーIvan Velaはこの羽根のように軽い車両を製作した。動力源は乗り手自身と電気の補助によるものだ。時速70キロメートルを超える速度はアキュムレータ(直径が40cmの大スプロケットをペダリングしながら生成させた運動エネルギーを蓄える)を介して達成される。

Zero-emission community car:

デザイナーTodd Dawsonは4人乗りのコミュニティ車両から1人乗りの実用車両に至るまで様々なバリエーションの排気物質ゼロの環境に配慮した車を開発した。コミュニティ車両と商業車両として両方の機能の持つことがこの乗り物のコンセプトだ。従って、人々と貨物の輸送双方に利用できるためコミュニティではかなり実用的な乗り物となっている。

Hand powered hybrid:

このハイブリッドカーはプルプッシュハンドメカニズムで電機モーターを駆動する蓄電池を稼働させて走行する。この車の仕様は4人乗りで、重量が400ポンドある。Human Carはシアトルに拠点を置く企業だが、現在15000米ドルで事前注文をとっているところだ。注文数が100に達した時点で生産を開始することになっている。

TW4XP hybrid vehicle:

TW4XPはペダルのメカニズムを組み込んだ電気エンジンから駆動源を得て走行するthree-wheel vehicle(3輪の車両)だ。このキュートな車はプログレシブオートモーティブXプライズのオルタナティヴサイドバイサイド部門にエントリーするために制作された。

Exo-Audi concept:

デザイナーアンドレア・モスリンの車はnanotechnologyを採用し、外観は未来の高速車両だ。スポーツ用品、履き物のデザインそして人間の本能にインスピレーションを得て制作された。またこの車は運転車自身の運動エネルギーを利用する設計となっているが、その方法の正確な詳細についてはこれまでのところ謎に包まれたままだ。

Antro Solo:

600ポンドの見栄えにいいこの車両はなんと驚きの時速145キロメートルで走行する。主な動力源は外装に設置されたパネルで起電した太陽光発電による。代替電源としては、ペダル類、太陽光発電による蓄電池、アルゴンガス/エタノール燃焼エンジンを格納するための蓄電池などがある。

GYM Concept:

これは新型のBatsmobile(バッドマン車両)でなくもない。GYMのコンセプトカーはフィットネスジムを車内に組み入れるという構想をDa Fengがデザインしたものだ。駆動源はワークアウト時に蓄電される電気を用いるか通常のバッテリーソケットから取り出すことができる。

Velomobiles

Velomobilesは市販されていて価格は8,000ドルだ。この実用的な人力の車両はすでにヨーロッパで人気を博している。電気補助モーターを装備しているので、駆動にかかる労力を軽減できる。

Bikey

デザイン学生Bilgi Karanはウメオデザイン研究所のマスター・オブ・アートプロジェクトの一環としてこの車を制作した。車に搭載している電気モーターは人力のペダリングによって供給された電気で駆動する。占有するスペースが少ないので、混雑した通りでも走行継続に支障をきたすことはない。

Ristretto

フランセスコ・ルッソが製造したRistrettoは世界最速の人力車両だ。この車の最高時速は目下148キロだ。ライダーはこの二輪車両のなかではほとんど寝た状態の姿勢で横たわっていなければならないことになる。

 

Flux – Tilts to the Future

このthree wheeled carの一端への傾斜はカーブでの安定性を高めるためだが、それが見た目を面白くしている。同様に、フルックスは大量のエアフローがユーザーのまわりに循環するようにペダリングを補助する。

 

NoVelo updates for the Flintstones

 

もしFred Flinstoneがペダリングで時速50キロ走行したいと考えたとしたら、彼が手に入れるのはこの車になるだろう。このハイブリッド車両はペダリングと電力を動力源とし、ベロモービルの基本原理がベースとなっている。

 

 

 

Today's Top Articles:

You may also like