Home Autos @ja @ja 形が変わる、斬新なエコカー

形が変わる、斬新なエコカー

by admin

交通手段は、目覚ましく変化してきました。個人的なものも、公共の乗り物も、技術が向上し現代における様々な要求に応えるものになってきています。自動車デザイナーたちは極めて革新的で、斬新な特徴を備えた車をデザインし、世界の早い変化に対応するダイナミックなデザインと技術、そして顧客を満足させる車を生み出しています。デザイナーたちが作り出した、こうした斬新な車の例をいくつかご紹介しましょう。

スカラベ(Scrab)

古代エジプト人が神聖なものと考えたコガネムシ科の昆虫の名前を持つこのエアロダイナミックカーは、デイヴィッド・ミゲル・モレイラ・ゴンサルベス(David Miguel Moreira Gonçalves)がデザインしました。環境に安全なこの車は、その独特なフォルムを形づくるコンポーネントのほかにセンサー、レーダー、GPS及びEWブレーキを搭載しています。更なる効率を目ざして、この車の車輪には電気モーターが備え付けられ、駆動にはバイオ燃料、バッテリーまたは燃料電池を選択することができます。
プジョー888(Peugeot 888)

この車がハイテク愛好者を魅了することは間違いありません。この車は路上で完全にフラットになり、ドライバーはまるでスポーツカーを運転しているように感じることでしょう。ソーラーパネルを搭載しており、環境に優しい車です。また楽に駐車ができるようサイズを変えることができ、交通量の多い街中でもスムーズな走行が可能です。この非常にクレバーなアイディアを考案したのはノルウェイ出身のオスカー・ヨハンセン(Oskar Johansen)です。この斬新な車で街中はもとより、田舎への旅も楽しめるでしょう。2人乗りに十分な広さがあり、荷物も積むことができます。

 

Enyoii

このはっとするようなデザインは、スタイリッシュな車を熱望する自然愛好者たちに向けて、デザイナーのGerardo Delgado Martinezが発表しました。発電機により充電されるバッテリーで駆動するこのは、いくつかの部品は金属製ですが、車体はプラスチックです。この車の特徴的な点は、ドライバーの望みにあわせていかなる形にもなるということです。ピストンを使って車の形を変えることが可能なのです。もう一つの素晴らしい特徴は、Wi-Fi接続で機能するタッチパッドを使って操作するステアリングです。この車の最高時速は毎時40kmです。

 

プラス・コンセプト(Plus concept)

デイヴィッド・ヴェガ(David Vega)が考案したこの車は、環境に影響を与えることのない様々な特徴とユーティリティを備えた、真に環境に優しい車です。電気で駆動するこの車は、乗車人数と道路の混雑具合にあわせて形を変えることが可能です。「プラス」という名前にふさわしく、この車はドライバーの好みに合うような数々のオプションを提供します。  この車の丸まった床面を伸ばせば、収容人数を増やすことが可能です。4輪はすべて電気モーターで駆動します。従来の車のスタンダードに挑むこの車は、Wi-Fiで操作します。

 

リンスピード「iChange

イノベーションの典型である「リンスピード(Rinspeed)」は、昨年開催されたジュネーブモーターショーに出品されました。このモデルは、ダイビング・カーと評された先行モデルに匹敵するユニークな特徴を兼ね備えていると評価されています。「iChange」と名付けられたこの車は、エコとハイテクデザインの融合を好む人々にとって完璧な車です。ソーラーパネルを搭載しているためバッテリー切れの心配がなく、また乗車人数にあわせて形やスペースを変えることができます。1回の充電で90kmの走行が可能です。電気自動車においても走行距離100km以上を期待する人々には魅力的ではないかもしれません。

 

アウディ・コンセプト(Audi Concept)

車輪がついた宇宙船のような車の登場です!アウディ社ために設計され、Małgorzata Hopがデザインしたこの車は2輪で流線型のボディをもち、バイオディーゼルで駆動します。後輪が2つに分かれて3輪になることも花王なため、走行性が優れています。また車体は1.5mにまで縮めることができるため、駐車も容易です。2人が前後に乗車します。アウディの技術がこの驚くべき車を作り出しました。

 

スクーディ(SKUDI)

鳥のような形をした透明なこの車は、従来の車に満足できない人々にとってうってつけの車です。Ahmad Moslemi Farが考案したこの次世代の車はスタイリッシュで、待ち望まれていたデザインです。 電気で駆動するこの車は、神話にでてくるヒーローからインスピレーションをうけてデザインされました。スペースそして燃料を非常に効果的に節約し、2人が楽に乗車することができます。スピードや全体のパフォーマンスを向上させる車輪のかたちにより、スムーズな操作が可能です。このスクーディは、若者にとってまさに夢の車です。

 

マセラッティ・フラクタル(Maserati Fractal)

洗練されたスポーツカーのルックスと環境への優しさを同時に実現したこの「マセラッティ・フラクタル(Maserati Fractal)」はLiviu Tudoranがデザインしました。映画「トランスフォーマー」から飛び出してきたような形をしていますが、それと似たような特徴を備えています。自動車における革新的技術に挑戦するこの車は、 簡単に分解することができます。そしてそれを組み立てれば2人以上が乗車できる素晴らしい車が完成します。

 

セル(The Cell)

セル」(小部屋、細胞)という名前が表す通りの形をした、思わず振り返ってしまうようなこの車は、自走のコンセプトにおける大きな変革を示しています。トム・ケント(Tom Kent)が発明したこのモデルは、燃料ガスやスペース、交通量の多い道路状況といった多くの問題の解決策を提備えています。。埋め込み式のバッテリー充電器を搭載し、乗車定員は2名で、ユニークなドライブスタイルを提供します。

 

メトロモーフ(Metromorph)

 

Roman Mistiukが中心となってデザインしたこの「メトロモーフ(Metromorph)」は、燃費の良い車であり、バルコニーにもなるのです!複数階のアパートを車でのぼるスリルを体験してください。斬新な見た目以外にも、様々な驚くべき特性をもっています。。エレベーターのように壁を登るために必要なすべての安全性を兼ね備えている一方で、路上では理想的な車でもあり、多くの人々の心をつかみました。狭い場所でもドアは容易にあけることができるため、スペースを有効に使うことができ、車がどんな角度になっても、シートは同じポジションにコントロールされます。バッテリーのバックアップにより汚染を減らす環境に優しい車を実現しました。

 

Today's Top Articles:

You may also like