Home Autos @ja @ja グリーンアドベンチャーのために作られた各種オール電化SUV

グリーンアドベンチャーのために作られた各種オール電化SUV

by admin

スポーツユーティリティビークルまたはSUVはセダンタイプや小型車と比べるといつももっと頑丈ないとこのような存在であった。おなじみの軽トラックのシャーシと4輪駆動で、ジープとランドローバーがこの自動車市場で特殊な分野を自力で作り出してきてから久しい。さらに、万事が地球環境に配慮して進むという好都合な時流とあいまって、私たちが目の当たりにしているはSUV市場においても同じ持続可能なパラダイムへのシフトがおこっているということだ。(垣根を越えたプラットフォームから始まっている。)そして、私たちは汚染物資排出ゼロのハッチバック式のシティカーcity carsについては以前に何回となく訴えていたし、さらには環境に優しい木製の車両wooden vehiclesについても繰り返しのべてきたが、騒々しいほどにブラウニーでしかも頑なまでに環境志向のSUVについても話す時期もきているようだ。

The all electric bantam cousin of the Hummer!

この車は評価の高いハマーにほぼ匹敵するさえといえる(いかついシャーシに関していえば)が、個人的にはこれというものが見当たらない。しかし、その構想は屈強な「ハマー」の典型といわれるすべての点を蔑視する態度を示す一方、時勢の持続可能な側面に対応するために電気エンジンまでも内蔵している。だから、結局のところ、電動の「小型」ハマーはゼロエミッション駆動でエランの欠如を埋め合わせることができると言える。

Tesla looking forth to develop their all-electric Model X SUV:

私たちみんなが知っているようにロードスターの改良型はすべてを電気で賄うスポーツカーにとって象徴的な存在だ。しかし、現在テスラモータースは全電動のSUV modelの自社開発にとりくんでいる。簡単明瞭にModel Xと呼ばれているこのモデルついて、2010年にテスラモータースの最高責任者(CEO)のイーロンマスクが明言しているのはこの新型モデル(Model Sセダンのプラットフォームがベースとなっている)が2011年後半までには一般公表される予定で、2014年までには生産に入るということだ。仲間内の一部のサークルからの情報によると、Sの最高価格モデルは驚きの300マイルの航行距離の性能を持つことになるそうだ。このことは公にされたSUVモデルには数多くの環境に配慮した優れた装備がついているということをまさに暗示している。

China’s Zotye electric SUV to be unveiled in U.S. by end of 2011:

我々の自動車市場で中国が優勢に立っていることを考えれば、中国を拠点とするZotye Holdingグループ が2011年末までに米国で自社開発の電動SUVの販売に乗り出すlaunch準備がすべて整っているということが事実であっても全く意外なことではない。150マイルの航行距離185,000マイル保証付きのリチウムイオンバッテリーパックを誇り、値段は比較的に低めの29,995ドルに設定してある。GAC(Zotye車の米国で唯一の販売代理店)社長のフレッドルーク氏によれば、会社としては次の計画を準備中とのことだ。

 

今年度末までに選りすぐりの特約販売代理店網を経由して米国での全電動のSUVの小売り販売を開始するという我々の目標にむけて順調にことを進めるとしている。

Toyota to develop Electric SUVs in collaboration with Tesla:

この構想は評価の高いトヨタ(自動車産業を先導する企業)と著名なテスラモータース(電動自動車の市場を主導する企業)が共同努力(collaborative effort)して推し進めているので、現実にターゲットにナイスオンする可能性は高い。トヨタのコンパクトクロスオーバーSUVRAV4のシャーシがベースとなっているこの車両はテスラモーターの設計によるパワートレインを搭載することになる。正確にいえば、トヨタのハイブリッド車プリウスの水準を獲得する一方、このコラボレーションよる成果は全面的な電動化として結実するだろう。

RUF’s robust Stormster All-Electric SUV:

ドイツの自動車製造業者RUFが推し進める環境に配慮した持続可能なスキームは自社バッテリーを動力源とすることに関連しており、911モデルをベースにした「グリーンスター」構想で、2009年のジュネーブモーターショーで同社が導入したものだ。そしていま、同社はさらに頑丈になったStormster電動SUV(同社カイエンのプラグイン電動改良車)でグリーン市場に乱入しようとしているところだ。この車はセラミック格納庫付きの進化した「Li-Tec」バッテリーパックから燃料を注入される。また400Vのコンセントから1時間未満で再充電可能で200kmの拡張範囲まで疾走する。同様に素晴らしい点は、最高時速は148キロメートルで疾走し、0-100の加速時間はわずか10秒だ。

ZAP-X electric SUV can go 350 miles on a single charge:

もう一つの共同成果collaborative effortは、ザップ社とロータスエンジニアリングによるものだ。644bhp同等の電気モーターを搭載したこの4輪駆動SUVは一回の充電で350マイル(560キロ)という夢のような航行距離を実現することになる。そして、それだけではない。最高速度は元気一杯の時速155マイル(時速248km)だ。

EVE Motors’ all-electric SUV – too good to be true!:

コマーシャル用の作り話それとも本当のこと? まあ、だれも確かなことは言えないけれども、Autoblogによれば、最初のオプションはより信頼性が高いように思われる。若干実体のはっきりしない自動車会社EVE Motorsによって推進されたSUVで、2009年にアメリカのオークションサイトe-Bayで彼らのバージョンのSUVが公開された。価格帯はおよそ29,995ドル、リチウムイオンバッテリーを用いた一回の充電で125マイルの距離を航行できること、25 kWブラシレスDCモーターを搭載していることなどを宣伝の目玉としていた。

The 100 MPG Electric H3 – An energy efficient version of Hummer:

私たちがガロンあたり約100マイル航行する電動ハマーについて初めて聞いたときは、いつものうますぎる話に思えた。運命が共謀したかのようにはそのvehicleは実際にガロンあたり100マイルの航行距離を達成することはできない。(もし時速60マイルを超えて走行をした場合には少なくとも良くはならない)頑丈な200KWのモーターを内蔵したこの航続距離延長装置付き電気自動車(EREV)は、少なくとも、かろうじてではあるが持続可能性が本物であることを明らかにした。しかし、それらがいつものガス喰いハマーの改良型であることを非表示にするにはその持続可能性というコンセプトはいまだに良書の域をでていない。

Another electric Hummer which can power itself and others:

私たちはこれらのエンゼルの羽についてあまりよくわかない。しかし、このconceptionの目新しさはほんとうに栄誉に値するものといえる。Nation-E’s Angel H1は60キロワットのバッテリーで満たされているので、実際に他の車両の、建設現場、さらには緊急時の建物での移動可能な補給基地として機能することさえある。全仕様についてはまだ入手していないが、すべてを電気で賄うハマーは文句のつけようがない。しかも他の電動のハマーをも充電できるのだ

AMP to contrive 1,000 all-electric Mercedes-Benz ML 350s:

 

厳密にはオール電化のコンセプトではないけれども、しかしながら確かに今回はconversionオール電化変換だ。AMPは世界で有名なコンバ-ジョンEVの企業だが、先月オーロラエネルギーと「グリーン」合意に至った。その結果として、同社は1000台の完全に電気自動車に変換されたメルセデスベンツML350SUVをアイスランドの凍結道路に届けた。同社はそれらの車は100万ドルを超える価値がある車だと謳っている。またその取引自体、AMPが北欧(そしてさらには全ヨーロッパ)ゾーンでその勢力範囲を拡大するための重要な踏み石とみられる。

 

 

Today's Top Articles:

You may also like