Home Tranportation メルセデスベンツ、フランクフルトで水素燃料の「F125!」をデビューさせる

メルセデスベンツ、フランクフルトで水素燃料の「F125!」をデビューさせる

by admin

Mercedes Benz F125

自動車について、発表前に漏れ聞こえる幾つかの事実が、陰謀を作るかパンチをそらすかは、激しい議題となる所です。 半年ごとのフランクフルト・モータ・ショーがメルセデスベンツやBMW、フォルクスワーゲン等の大手車メーカーに、デザインとテクノロジーの両観点から未来の豪華な計画を展示するプラットフォームを与えています。 そして、2025年CLクラスを目指したコンセプトカーの新しい水素駆動車F125!の、メルセデスベンツの為の完璧なプラットフォームでした。

自動車の技術革新は、もはや人々に不安を与えません。 彼等は、あなたが何かを考え、それを実際に生み出す事ができると知っています。 私達は電気自動車の進化を適用してきたので、今、より魅力的な何かを求める時なのかもしれません。 もしメルセデスベンツが、F125!が231馬力を保持するエンジンを水素燃料で駆動させると言っているとすると、4秒で時速100㎞に達し、最高速度220kmであるという事になります。 何と言ってもこの車は、100kmごとに水素消費量が0.79㎏にデザインされています。

これはこの新しいベンツに落ち着きと優雅さを与え、レンダリングも混雑した狭い市街地に便利です。 マクラーレンの様な他の幾つかのメルセデス車のように、足回りはカーボンファイバーとアルミとプラスチックの混合で出来ています。 彼等の比較優位を使って、より強固にする事が考えられています。 カーボンファイバーで作られているガスタンクが取り付けられていて、700バールの容量の水素を保持します。 また搭載されている10キロワット時間のリチウムイオンバッテリーで電力を得て、約31km走行する事ができます。

そして付け加える事は、125年の歴史と成功をもつ力動的なメルセデスベンツが、フランクフルトモーターショーで、テクノロジーと新しい上開きのドアを持つ、F125!に包まれた全てのデザインで、今再び観客の目を輝かせます。

 

Via: オートブログ

Today's Top Articles:

You may also like