Home Wind Power @ja 各地で計画中の大規模な沖合風力発電所

各地で計画中の大規模な沖合風力発電所

by admin

再生可能な資源から作られる電力の生産量は確実に、そして熱烈に高まっています。(すでに原子力発電量を超えて)特に風力発電に関しては、未だかつてないほど素晴らしい局面を迎えています。統計によれば、2000年の風力発電の生産量はわずか17.4ギガワット(GW)に過ぎませんでしたが、それからの10年間で199.4GWに急増しました。現在では、全世界における電力(1時間あたり430テラワット)の2.5%を占めるに至り、高い可能性をもった風力発電は、世界中の沖合の巨大風力発電所プロジェクトにより、より環境に優しいレベルへと進みつつあります。

 

ロンドン・アレイ沖合風力発電所

ロンドン・アレイは、英国のテムズ川入り江の外側に計画された、現在建設中の風力発電所です。発電量は1000メガワットで、広さおよそ230㎢に及ぶこの発電所は、世界一大きな沖合風力発電所になることが予想されています。先月、支援者が企業救済を申請し、このプロジェクト自体が延期を余儀なくされるかもしれない事態に見舞われました。しかし、ロイターによると、E.ON CLIMATE and Renewable社の最高責任者Frank Mastiaux氏が、Dong Energy社やMasdar社を含む支援者が、更に22億ポンド(約2900億円)をこのプロジェクトに投資したとのことです。

 

アメリカ初の沖合風力発電所の今

このアメリカ初の沖合風力発電所を巡っては、長年の衝突が今も尚続いています。Energy Management社により展開されたこの巨大プロジェクトでは、長さ440フィート(約132メートル)もの羽根を持つ130機の風力タービン発電機が、マサチューセッツ州ケープ・コッドの沖合数マイルにグリッド状に建設されました。しかし、ケープ・コッドの住民や訪れる観光客、インディアンの一族から漁師、ケネディ家に至るまでが、この地の歴史的遺跡からの景観を損なうものであるとして、このプロジェクトに反対しています。一方で東海岸の6州の知事はこのプロジェクト承認のために政治力を示しています。

 

デンマークに建設されるヨーロッパ最大の沖合風力発電所

計画段階では正確ではありませんが(既に建設中)、デンマークの公益事業会社であるDong Energy社による予算10億ドル(約800億円)のこの巨大プロジェクトはヨーロッパ最大の沖合風力発電所となる予定です。Horns Rev 2と名付けられたこのプロジェクトでは、巨大な91台のタービンを使い、20万軒の家に電力供給を行います。またこのプロジェクトは、2020年までに全ヨーロッパにおける電力の20%を再生可能資源でまかなうというEUの目標に沿うものです。

 

ドイツで計画中の960メガワット沖合風力発電所

上記で紹介したデンマークの風力発電所が大きいとお感じでしょうか?Innogy Nordsee 1と名付けられた、発電量960MWのこのドイツにおけるプロジェクトは広さおよそ150㎢で、その予算は28億ポンド(約840億円)にものぼります。ユースト島の北の沖合40kmの位置に予定されており、2015年までの完成を目指しています。

 

韓国の沖合風力発電所

ヒュンダイ重工業社と大宇造船海洋(Daewoo Shipbuilding & Marine Engineering)社という2つの巨大企業による共同プロジェクトで、総予算は9.2兆ウォン(約6500億円)です。風力タービン500機を備えるこの発電所の発電量は2500MWで、ヨーロッパとアメリカで進行中の全プロジェクトを軽々と上回ります。南西部のブアン(Buan)とヨングァン(Yeonggwang)の近くに建設予定で、2019年までの完成を予定しています。

 

ニューヨーク近くの700メガワット沖合風力発電所


この発電所は未だ予備調査段階で、ロングアイランド州電力局とコン・エジソン(Con Edison)社が共同で、ロッカウェーから少なくとも13マイル離れたところに700メガワットの風力発電所を作るための準備を行っています。しかしこの計画が可能になっても、発電所から送電するシステムの調査にために4.15億ドル(約330億円)以上かかることが問題となっています。計画の初期段階にあるこの発電所は、発電量350メガワットを想定しており、これはおよそ25万軒の電力供給をまかなうことができる電力です。

 

クリーンな電力で200万軒の家に電力供給するグーグル社

 

誰もが知る、あのグーグル社です。生分解可能な文書や斬新な電気自動車ステーションに続き、グーグルは風力発電という新たな分野への進出を始めました。この計画では、Trans-Elect社と共同でアメリカ・大西洋沿岸巨大な海中電力ケーブル(563kmを予定)を設置します。これにより、ヴァージニア州からニュージャージー州にかけて「風力ゾーン」が形作られます。様々な発電所とリンクさせることによりクリーンな電力6000メガワットを送電し、190万軒の家(おおそ720万人分)に電力を供給することができます。

Today's Top Articles:

You may also like