Home Wind Power @ja 出力アップを実現する風力発電技術

出力アップを実現する風力発電技術

by admin

今や世界は再生不可能エネルギーの限界に気付いてきています。エネルギー資源の枯渇もそうですし、環境と健康にも被害が及んでいる実態です。オゾン層破壊、温暖化、大気汚染などがその例で、発展途上国から先進国にまで幅広く影響しています。ですから、いまこそ再生可能エネルギーに切り替える時です。なかでも風力発電はこれまで灌漑や電力などに用いられてきました。この風力発電はその数を増やしサイズや出力も大きくなってきています。

今日では、風力発電の効率アップのためにデザインや技術の革新が求められています。世界中で様々なアイデアが練られていてここで紹介する5つの例もその中の一部です。

1.レビアサン・エネルギー

この方法は風力発電の効率アップに有効で、特にタービンのサイズを変えずにすむのが利点です。これはレビアサン・エネルギーの代表取締役、ダニエル・ファーブ氏によって開発されました。「ウインド・エナジャイザー」と名づけられたこの発明は30%の効率アップを実現し、基本的には羽を大きくして風力を作り出そうというのではなく、周辺環境を変えて風をより多く取り込もうというものです。ですからドーナッツ状の構造が最高の効率で風を羽の中に送り込めるのです。建設費を4-5年で元が取れるという点も魅力です。

2.タワーハイト

ATS社が発電機の高さを上げて出力を向上させようとしたのがこれです。基本的には羽を大きくしがちですが、値段も高い上に場所もとります。しかしこの技術ではまず20%の効率アップを狙え、コストパフォーマンスの良い長期的視野から考えて最も割りの良い方法です。

3.ビンディケーター・レーザー

NREL社とバージニアのキャッチザウィンド社が共同で開発したこのシステムは効率アップを実現します。つまり、センサーで風量・風向を割り出しその都度発電機の角度を調整していくものです。抵抗が少なく発電効率のみに焦点が置かれており、風力の力を最大限に利用をいています。この特殊レーザーシステムのおかげで出力が30%向上するということです。

4.スパイダー・システム

ペンタルム技術社は低コストで風の向きやスピードを読む機械を開発しました。スパーダーと名づけられたこの機器は、高さ200mまで対応でき、集めたデータを本部に素早く送ります。そこで専門家が分析して出力を最大限にするためにタービンの向きを調節する、という仕組みです。このシステムのおかげで15%パフォーマンスが向上し、これはこれまでのLIDARなどのバージョンアップ版として開発されました。

5.ジェット式タービン

フロデザイン風力タービンは画期的で通常のタービンの半分のコストで済むデザインを開発しました。ジェットエンジンから影響を受け風力のロスを最小限にとどめるものです。一般的には風力の半分は羽根を回して残りで発電をします。このタービンでは羽からでる際の風力を増大させ出力を増大させようというものです。通常の半分のサイズで同じ量の発電ができるというのも魅力です。おなじ土地により多くのタービンを設置でき効率アップにつながるというのです。風の吸収力も特殊デザインでかなりパワーアップしています。

Today's Top Articles:

You may also like