Home Uncategorized あなたにお勧めの、素晴らしい可動式の家

あなたにお勧めの、素晴らしい可動式の家

by admin

ありきたりなエネルギー効率の良い家に飽きましたか ?そんなあなたにピッタリのアイディアをご紹介しましょう。環境に優しい明日の家は、移動・運搬が可能で、快適で、などの様々なメリットがあります。持続可能な住居の例をご覧ください。

Be-coc社製の可動式住宅:エコ・コンシャスな人のためのモジュール式ソーラーキャラバン

モジュール式のキャラバンです。豪華さを残しつつも、自然に配慮したい人々にとって完璧な家です。その特徴はラウンジや部屋、キッチン、バスルームといった部屋です。この環境に優しいキャラバンは2つの外郭構造と2つの旋回パネルがあり、完全にカスタマイズが可能です。さらに好みや必要に応じて設備を追加することが可能です。

 

世界滅亡後の生活のためにショッピングカートを可動式の家に変えたアーティスト

この完全に機能的な家はブルックリンのアーティスト、ケヴィン・シール(Kevin Cyr)氏によりデザインされました。シール氏は、世界滅亡後を描いたマッカーシーの小説「The Road」から発想を得て、それをデザインにしたものです。この家には5.8フィートのフレームにも十分な空間があります。地球最後の日を信じる人たちは、ショッピングカートで作られたこの家を頼ることができるでしょう。

 

BLOOM社のリビング・モジュールが提供する最高の個人用空間

文明から離れていても、最高の資産に満足して暮らすことが可能です。このBLOOM社のリビング・モジュール は、デザイナーのOlga Kaluginaによりデザインされました。暖房や電気にはソーラー発電を使っており、また小さなユニットに畳むことができるので、家を簡単に移動することができます。畳んだユニットは簡単にもとに戻すことができます。

 

屋根に取り付けるタイプの可動式の休暇用カプセル

ジョン・レノンが具現化するコンセプトを想像するのにお金はかかりません。ジョンは、好きなどんな建物の屋根にも取り付けることが可能な、可動式の休暇用カプセルを想像しました。景色が気に入らなければ、別の場所に移れば良いのです。デザイナーは、このカプセルで野生の世界に行くことも想定しています。電力はもちろん、環境に優しいものを使っています。いつかこのアイディアが実現することを願っています。

 

トレイラーで牽引する、Don Vardo社製の可動式の環境に優しい家

この可動式のスペースは、事務所や家として使うことができます。オレゴン州にあるPortland Alternative Dwellings社により作られ、Don Vardoと名付けられました。この空間にはデスクやキッチン、引き出し式のダブルベッドや放射熱床などを備えており、7×10フィートのトレーラーに牽引されています。そして完全断熱です。ベイマツ製のドア、セダーの羽目板、光熱費を節約できるLED照明、効果的なダブルハングの窓などが豪華さを加え、エネルギー効率の面からいっても素晴らしい空間であることが証明されています。トータル価格は22,000ドル(約180万円)です。

 

Quno -モビリティそして住居の未来

工業デザイナーであるJeongche Yoonが、このモビリティコンセプトの背後にいる人物です。Yoonは、未来の家はただ家であるものより一歩進んだ物になると信じています。それらは電気等の環境に優しい燃料を使って、車のように乗ることができるのです。所有者にとっては、このコンセプトは労働コストを減らすことができるというメリットもあります。滑らかな流線型をしたお洒落なデザインのコンパクトな乗り物は、取扱いが簡単で、カスタマイズも可能です。将来直面するであろう大規模なスペース不足にも対応し、快適性とモビリティの変化にも適応します。

 

自給自足のエコ・カプセル -未来のフリントストーンの家

そのスタイルにおいても、石器時代の平和と平穏を思い起こさせる住居のアイディアです。スロヴァキアの建築家が発想したこの全空気力学カプセルは、ワゴン、RVトレーラーと空気力学カプセル、そして何よりも現代の快適性を融合させた作品です。生活空間から移動のために必要な全てのもの、さらには牽引まで全てにおいて持続可能な原料を使用しています。最大の特徴は、使用エネルギーを減らすためのアルミ製ソーラーパネルです。この作品は、オープンなスタジオスペースにおいても使用できるでしょう。

 

拡張可能な可動式ミニ・ハウス

テントはあまり素敵だと思わないあなたでも、Stéphanie Bellangerデザインの豪華な可動式ミニ・ハウスを考えてみたくなるはずです。John Lautnerデザインの化学圏ハウス(Chemospher house)にインスピレーションを受けたこの家には、バスルーム、リビング、ベッドルーム、キッチン、そしてなんと...オフィスまであるのです!そして十分な収納スペースもあるので、このミニ・ハウスに引っ越す時に大好きな本や服を持っていくことができます。

 

日本人の友達同士が古いトラックをリサイクルして2階建ての可動式の家に

この水圧式の二層式、変形する完全装備のキャンピングカーは、見た目にも深い日本とのつながりがあります。日本の膳スタイルのロフトスペースや、障子紙、畳があり、さらに製造者たち自身がこの家に優雅さを与えています。ただの古いトラックを可動式の家に変える、友達同士のグループにより作られました。良くやった!

 

マーティンのキャラバン・ハウス

 

ジュリー・マーティンはハリケーン・カトリーナの被害を受けて家をなくしました。しかし彼女は、感動を与える何かを創りだすのにこの経験を生かしたのです。ジュリー・マーティンはフレッシュ・スタート(Fresh Start)という名前の新しいモデルを創りだしました。5/16インチのトレイラー牽引ボールがついた3/4トンのトラックで製作され、導入価格で29,000ドル(約230万円)です。

Today's Top Articles:

You may also like