風力タービンを使って、環境に優しいエネルギーを発電する方法

Wind Turbine

風力エネルギーは、環境に優しいエネルギー生産の、世界の主な資源の一つです。 風力タービンは風力エネルギーから、電力を生成する為に使用されます。 これらの風力タービンは実際に、風力資源の運動エネルギーを機械エネルギーに変換し、次に発電機によって電気エネルギーに変えられます。

様々なサイズに作られ、これらのタービンは大小其々、商業用目的に使用する事ができます。 小さいサイズのこれらのタービンは、家庭用電化製品を稼働させるための、エネルギー生産の資源として利用さする事ができます。 このテクノロジーは、長期に渡って使われていて、最近では風力タービンは、2つの異なるタイプが利用できます。 垂直軸タイプは、地面に対して垂直方向にブレードが作られていて、一方水平軸タイプは地面に対して水平に作られています。 水平軸タービンは垂直軸タービンより一般的で、広くエネルギー生産に使用されています。

風力タービンを利用して環境に優しいエネルギーを生産する

風力タービン設置への第一歩は、適切な場所探しです。 これが終われば、風力タービン設置の半分が終わったも同然です。 これは基本的なステップの一つで、高速の風を受けるように風力タービンを適切な位置に設置します。 技術的に空気力学的設計と呼ばれ、最適な平均的なタワーの高さを計算するために用いられ、コントロールシステムは、様々な装置やブレードの数と形をコントロールします。 従来の風力タービンの基本的構成要素は、ローター、発電要素、物理的構造支持要素があります。

ローター要素は、風力タービンの回転する部分で、風が入射すると回転します。 この風はローターとブレードを動かし、風力エネルギーを回転エネルギーに変換します。 風力タービンのローター要素は、タービンの総コストの約20%に相当します。

次に、電力を生成するために使われる、風力タービンの発電要素です。 これは、発電機、ギアボックス制御電子システムの様な、基本的な発電機の構成要素を含みます。 ギアボックス要素は、ローターが受動する低速回転を、発電に適応する高速回転に変換するのにつかわれます。 広く使用されている様々なギアボックスは、遊星ギアボックスと連続可変トランスミッションです。 これは風力タービンのトータル価格の34%を占めます。 風力タービンで発電する為に使用される第3の要素は、物理的構造支持要素で、風力タービンのタワー全体を快適で、強力なサポートを提供します。 これはタワーとローターヨー機構を含みます。 これは風力タービン装甲ストの15%に当たります。

水平軸タービンは広く使われていて、ローターシャフトと、タワーの頂上には発電機を備えています。 これらの2つの要素は風に向かうよう取り付けられていて、風力エネルギーの殆どを、エネルギー発電に利用する事ができます。 ローターのブレードに入射する風力エネルギーはブレードの回転を助け、次にエネルギーを生産します。 ギアボックスはその時ブレードの回転スピードを上げるために使用され、大量のエネルギーを生成する事ができます。 ローターは発電機と繋がっていて、それが回転すると、ローターの機械エネルギーを、発電機を使って電気エネルギーに変換します。 この方法でエネルギーが、風力タービンを介して生成されます

アメリカでは、風力タービンに使用されている基本的な高さは80mで、1.5メガワットの大量のエネルギーを生産する事ができます。 風力タービンの構成要素は、実際非常に重くローター部分の重量だけでも2万2千kg近くあります。 機関室は、発電要素である5万2千㎏の風力タービンを持っていて、コンクリートの木ぞは2万6千㎏あります。 この風力タービンを全て設置するには、多大な予算と重装備が必要です。

 

Today's Top Articles:

Scroll to Top