Home 地球に優しい エコ住宅に木製シャッタを使用する利点

エコ住宅に木製シャッタを使用する利点

by admin

住宅の義務的に不可欠な設備に窓があります。窓数分だけ換気することができます。しかし、スラド式やラッチ式の窓の場合、開閉にちょっとした労力が必要です。木製シャッタにした場合は、多くの利点があります。

Wooden Shutters

直射日光を回避

エコ住宅は、環境にやさしい家具や本、ランプ、クッションなど多数のエコ製品が使われるでしょう。それらの家具が直射日光に当たると、製品の寿命が短くなってしまうことがあります。木製のシャッタは、このような状況を簡単に変えてしまいます。午後半ばや日の当たりが強いと感じる時に、これらのシャッタは室内を直射日光から防ぐためにシャット・ダウンすることができます。これは室内の涼しい温度を維持することができます。

さようならカーテン

カーテンを選ぶ場合は、壁の色に合ったカーテンの色を決めるのに迷いますが、シャッタであれば全ての色にマッチします。一旦シャッタを閉めれば、日光を完全にコントロールすることができますので、カーテンは必要なくなります。カーテンの購入に含まれる追加費用を削減することができますので、予算を他のものの購入にまわすことができます。

上品な木製シャッタ

木製シャッタは後付けされる傾向があります。上品さと優雅さを家に与えるために、木製シャッタを選ぶと良いでしょう。家の雰囲気に合わせるために、異なるサイズや形、さらに多くの異なる色から選ぶことができます。自分の要望通りにしたい場合は、テーラーメイドの木製シャッタを作るというオプションもあります。

掃除が簡単

日々の掃除は義務的なことです。ある人はシャッタの清潔は大変なことであると思い込んでいるかもしれませんが、実際は、通常の掃除用具で簡単に木製シャッタを清潔にすることができます。

雑音が出ない

シャッタは、窓の開閉の時に出るようなきしみや金属の擦れるような種類の雑音がでることはありません。換気するには、必要な分だけシャッタを開くことによって屋内でコントロールすることができます。追加する利点は窓の場合とは異なり、シャッタはさらに外部からの雑音を遮断します。従って、部屋を雑音のない環境にすることができます。

省エネ

木製シャッタは断熱材としての役割をはたすとともに、シャッタを閉めていると室内温度を涼しく保つこともできます。これは、エアコンや扇風機、冷却器などのような冷房装置の使用を抑えることができます。午前中にシャッタを開けると、すがすがしい日光や涼しい微風を部屋に取入れることができますので、ライトのスイッチを入れる必要がありません。これによって電気光熱費を削減することができます。

シャッタのパターン

シャッタは大きく分けて、喚起口つき、レイズドパネル、目板打の3つのメイン・パターンがあります。

喚起口つきシャッタは長方形で、水平の細長い薄板でできています。こシャッタは伝統的で上品な住宅に合います。レイズドパネル・シャッタもまた長方形ですが、2枚の縦のパネルから成ります。そして最後に、目板打シャッタの構造は単純ですが高貴さがあり、水平のボードの上下部が垂直のボードと連結されています。

皆にとって安全

これらのシャッタは垂れ下がった紐は付属しませんので、子どもたちが引っかかって窒息する心配はありません。また、シャッタには鍵が付いていますので、内側から鍵をかけることができます。そのためセキュリティ面においてもポイントとなります。環境にやさしい環境を維持したい場合は、家の窓枠に大量の木材を使用するよりエコだとはおもいませんか?さらに、上品な外観だけでなく、数多くの効率的な良さがあります。

 

You may also like