Home 地球に優しい 自宅の車椅子用斜道の作り方

自宅の車椅子用斜道の作り方

by admin

移動に困難さがある人のために、いままで自宅に車椅子用斜道を作ることを考えたことはありますか?傾斜路は車椅子やベビーカーを利用している人にとってはとても便利なものです。多くの個人宅では見落としがちですが、自分使うと思えば無駄なことではありません。覚えておいて欲しいのは、傾斜路はアメリカ障害者法(ADA)に順じています。

Wheelchair ramp

必要な道具

水平器、巻き尺、カメラ、技術のこぎり、テーブルソー、切断のこぎり、電動ドリル、ハンマー、電動ドライバー

作成説明:

 ADAを調べる

最初にする必要があることは、ADAで傾斜路を作る際の必要条件をチェックすることです。ADAによれば、20度以上の傾斜角でアクセスが可能な経路であれば、傾斜路は適切であると考えられるようです。傾斜路は最小限度の傾斜があり、急な勾配でないものとします。傾斜路の最小幅は915mmです。各傾斜路の上部と下部は完全に水平でなければいけません。手摺りは義務で取り付ける必要はありませんが、法律的には傾斜が16度以上の場合に必要です。

地元の法統治機関を調べる

第2のステップは、地元の法統治機関の法規をチェックすることす。地元の法統治機関によって傾斜路の作成に課される必要な法則が漏れないように確実に実施しなければなりません。傾斜路の作成の初めに法律的な問題が発生してはつまりません。さらに建設課において、傾斜路を作成する際に必要な予防措置に関しての説明をしてくれる場合もあります。

現場の写真を撮る

作成を始める場合、現場について適切に理解している必要があります。疑問や混乱が出てきた場合は、あらゆる角度から現場の写真を取って疑問を取り除いてください。これは設計プロセスを援助して不安を解決するでしょう。

リサーチを行う

作成に関して今回が初めての試みである場合は、実際に作業を開始する前に、リサーチをしておくことが望ましいでしょう。近隣をあちこち歩き回り、傾斜路の写真を撮るのもよいでしょう。これは漠然とした考えを具体化することを助け、さらに見かけた様々な種類のデザインからインスピレーションが湧いてくるものです。さらに、傾斜路を作った人と接触して話を聞くのもよいかもしれません。

測定

リサーチが終了したら、現場の測定を開始します。測定は3回行ってください。これは、正確な測定結果を得るためです。

設計書を作成

適切に地元の法的必要条件を盛り込む必要があります。これについては、地方の関連局に行かなければならないかもしれません。知る必要のあることは、要求される規模、タイプ、配置図、図面の枚数、そしてその他の必要な情報です。

採掘前に必要な予防措置

傾斜路を作るにあたり採掘作業が必要な場合、採掘場所が電気や電話線に影響しないことを確認して、地方自治体事務局に報告する義務があります。電気や電話回線が浅いところに設置されていて、それを破損した場合は、後で大きな問題になります。

設計書の提出

設計が完成したら、承認を受けるために地方計画事務局に提出する必要があります。さらに、建物と傾斜路の建築検査に関する許可を得る必要がある場合もあります。これには少々時間がかかるかもしれません。

アドバイス

自分の敷地内で誰かが怪我をした場合は、その責任はすべてあなたにあります。傾斜路の作成を開始する前に、法的必要条件をすべて満たすことを確かめてください。そしてADAガイドラインに従った傾斜路を作成してください。自分自身での作成が無理と判断した場合は、業者に任せる方法もあります。

 

Today's Top Articles:

You may also like