Home ミスク 13歳のケニアの少年がソーラーパワーのLED装置でWライオンを追い払う

13歳のケニアの少年がソーラーパワーのLED装置でWライオンを追い払う

by admin

私達の様に都会で生活する者にとっての大問題はラッシュアワーの交通渋滞の前に行こうとする傾向があります。ゆっくりと夜を過ごすために家に早く着くと奇妙な電力停止やインターネットの停止があります。季節によって雨や雪で少し不自由になる事がありますが、それについては非常に不便です。ライオンの襲撃を心配するのは私達の中で誰のリストの一番にはありません。しかしケニアのナイロビ国立公園ではライオン襲撃の可能性はかなり現実的で、放牧する為に牛を外に連れて行く時危険度はより高くなります。

Young Kenyan Maker Develops Lion-B-Gone

これは減少する資源で人間と野生動物が同じテリトリーを共有せざるを得ないと言う不運な結末の一つです。ライオンは牛を襲うのが義務で牛は格好の餌食です。しかしケニアの13才の少年リチャード・ツレレはライオンを追い払う独創的な新しい方法を思いつきました。彼は、電源を入れると光の強度でライオンを追っ払う点滅するLED照明ユニットを考案し、ソーラーパネルとテレビの電源に使用していた電池を利用しました。

そして結果はツレレ少年が作ったシステムが非常に功を奏したことを証明しました。システムが装備されてから彼らの家は近隣の家の様にライオンに襲われなくなったのです。若い観察力の鋭いツレレ少年はLEDライトとソーラーパワーの助けを借りて本当に救命システムを設計したのです!

Via: メイクジン

Today's Top Articles:

You may also like