Home ミスク 進化の技術:オランウータンは巣作りの賢いエンジニア

進化の技術:オランウータンは巣作りの賢いエンジニア

by admin

まだ「進化」を見解と見なして、科学的に反対する人がいることに驚かされます。ある人は理論の本質を無効にするために長々と歪曲した議論にふけることがありますが、私たちはすぐにその巣を暴くようなことはしません。代わりに、マンチェスター大学の学生は、進化において今日存在する、人間に最も近いオランウータンが、インドネシアの熱帯雨林のこずえに巣を作る方法を研究しました。

Orangutans use complex engineering skills to build nests in the Indonesian treetops

さて、動物園であったとしても、オランウータンを見たことがあれば、それらがかなり賢い動物であることがすぐに分かるでしょう。ローランド・イーノス博士が観測した研究では、さらにこの動物が、こずえに巣を作る際に、現代のエンジニアが採用しているのと同じくらいの正確さと注意力で巧妙に巣を作ることに熟練しているかを証明しています。オランウータンは夜安全に眠ることができるように、木の上に避難所を建造します。研究者は、オランウータンが強く硬直した木の枝で巣の構造部分を作り、柔らかい小枝を巣の内部に使用している、と語りました。

オランウータンはちょっと体重が重い動物なので、夜間に安全に過ごすためには、巣はしっかりと安定している必要があります。また、この賢い動物が枝を切断した方法さえも相当なものです。巣の構造支柱のために使う部分は木から半分切断し、残りの半分は支持のために無傷のままにしています。しかし、巣の内部には快適なクッションとして使うために、完全に木から折っています。

Via: Worldarchitecturenews

Today's Top Articles:

You may also like