2つのコンパクトカーとともにデビューする、トヨタのハイブリッドコンセプトー北京モーターショーにて

今週の北京モーターショーでのトヨタ、ディア・チン・ハッチバックとセダンのコンセプトは、雲動双擎(ユンドンショワンチン)と呼ばれる、中国で開発されたハイブリッドカーコンセプトを用い、デビューを果たします。これは中国のハイブリッドカー市場で早期に有利なポジションを獲得するための戦略のようです。Locally Developed Toyota Hybrid Concept

トヨタ自動車の社長、トヨタ・アキオ氏によると、雲動双擎のハイブリッド技術が中国の顧客を幸せにすることを望んでいることのこと。このハイブリッドテクノロジー が売りの自動車会社は中国の顧客を笑顔にすることも願っています。この美しいハイブリッド技術を搭載した、中国で開発された車を中国の顧客に乗り、体験してもらいたいものです。トヨタの社長はまた、この雲動双擎は中国で開発、しかも中国内でのみ生産されると明言しました。中国常熟市にある同社の研究開発センターでこのハイブリッド車が生産されています。このコンパクトカーのコンセプト、つまりディア・チン・ハッチバックとセダンは世界の運転初心者向けの顧客の心をつかむことを目的としています。

トヨタのディスプレイの中心にあるこれらの新しい3つコンセプト の以外にも、トヨタは他の車種の紹介にもやぶさかではありません。障害者の人の為の車ウェルキャブシリーズも同時にディスプレイしてありました。

モータートレンドより

Today's Top Articles:

Scroll to Top