Home [email protected] あなたの自宅のインテリアを完璧にする硬木材床(ハードウッドフロア)の色を選択するには?

あなたの自宅のインテリアを完璧にする硬木材床(ハードウッドフロア)の色を選択するには?

by admin

家というのは、そこに住んでいる人を表すとよくいわれますが、それゆえに、人々は自宅のインテリアを自分の嗜好や個性にあわせて自分向けにアレンジします。一見、それは簡単なように思えますが、実際に実行しようとすると、大変時間がかかり、また労力もお金もかかるものです。しかし、最近では、自宅のハードウッドフロアを様々な色、もしくは明暗、濃淡の具合やテーマによって塗りかえることで、新しくしかも大変簡単な方法で家のインテリアを完璧に仕上げる方法があるのです。ハードウッドフロアを塗る事はすでに使い古した木の床を新品同様の見かけにするだけではなく、あなたの予算にも見合った割安のリフォーム方法です。世界の著名なインテリアリフォーム会社もこのリフォーム方法を支持しており、ハードウッドフロアを塗り替えるだけで家のインテリアの外観を修復することができる、より革新的なアイディアをいくつか提案しています。以下、そのアイディアについて紹介しましょう。

Sample Panel

色の調和を考える

最初にあなたがすることは、ベストなハードウッドフロアの色を選ぶため、お部屋のインテリアがはっきり見えるような写真をいくつか用意することです。それらの部屋の写真をフロアリング専門店のショールームに持っていき、あなたの家のテーマや好みに合いそうな色のサンプルを店員に見せてもらいましょう。もし店員の提案が気に入らなければ、あなたの家の食器棚やカーテン、また家具や他のインテリアとフロア全体がまとまりそうな色をあなた自身がつくりだしましょう。

Hardwood Floor 1

最終リストづくりと交互確認

あなたの家の装飾スタイル、インテリアタイプに合うと思う色を最大3つまで絞り込みます。フロアの塗装店の店員に頼み、あなたの自宅の床の木材と同じような材質の木の上に、すでに選んだ3つの色をのせたサンプルを見せてもらい、それを持ち帰り、その色が全体的にどのように見えるのか、また実際に自宅にマッチしているかを確認します。家族や近所の人、また友人に見てもらい、感想を求めてもいいでしょう。

昼と夜の違い

人々が床の色を選ぶ時に、よく犯しがちな間違いとして昼の間のインテリアの見栄えでフロアの色を選ぶことです。しかし、殆どのフロアの塗料は自然、もしくは人工の光で微妙に色合いを変えます。よって、あなたが選んだ床の色は昼と同様に、夜にも同じように見えるとは限りません。これらの不具合を避けるために、夜、人工光の下で、インテリアがどのように見えるか3つのサンプルの色を何度も交互に確認してみることが大事です。

Sample Panel

最終決定

全体を通して一番迷うパートがこの部分です、というのもハードウッドフロアの色の最終決定をしないといけないからです。しかし難しいといっても最後には一つの色を選ばなければならず、殆どのケースでは、これらの最終リスト、選択プロセスの中でもっとも良かったものを選ぶようです。また前にも触れたように、家というのはそこに住む人そのものを表すといいますから、もしあなた自身がその選択に満足しているのなら、それを見る人も当然、気に入るに違いありません。

木材のタイプとフロアの色

1. 一般に、あなたがもし杉とかマホガニーのような赤基調の色をフロアの色に使うのなら、軽やかなニュアンスをつける緑のもの、もしくは黄色と緑が混ざったものを選ぶと部屋が開放的でしかも居心地がよい雰囲気になります。

2. オレンジの色調の木、例えば樅、オーク(樫)、楓などを使うときは、フロアの色は青色のトーン、もしくは緑のニュアンスをもつ色を選ぶとキレイに見えます。

3. もし、床が竹や樺、松の木など黄色が基調となる材質を使っている場合は、青色に近い紫色を使うと、フロアの見た目を良くします。

4. 一番間違いの少ない安全な色は茶色であり、すべての中間色で何にでも馴染み、チーク材、トネリコ材、クルミ材にもマッチします。

Hardwood Floor 2

装飾スタイルとフロアの色

  • 現代的装飾スタイルには: 光沢のある硬質の色、例えばダークブラウンやグレイがベストです。
  • 伝統的装飾スタイルには: フロアに合う色をあなたが選び、そしてやや暗いか、もしくは明るいニュアンスのどちらかの対照色を2インチの境界色として使います。
  • カントリー調の装飾: 安全試験済みの安全なダイアモンド柄、格子模様を試してもいいでしょう、つまり自然の木の色にダイアモンドの光沢を残すことができるのです。

Today's Top Articles:

You may also like