Home Uncategorized ヴォーテックスがインドで太陽光を利用したATMを設置

ヴォーテックスがインドで太陽光を利用したATMを設置

by admin

私たちは、インドが積極的太陽光利用の舞台となっていることを知っています。太陽光を最大限に利用することはいままでの因習的なエネルギー供給のメカニズム依存を削減するだけではなく、地球環境を守り有害物質の放出から人体を守ってくれます。ヴォーテックスは太陽光を利用したATMの開発をするという革新的な事業計画を打ち出しました。太陽光はATMの稼働に向いており、太陽光のエネルギーの利用も簡単、しかもこの計画によって電力が失われたときにでもATMは作動することができるのです。

Grammateller

ヴォーテクス・エンジニアリングは、南インド、チェンナイの会社であり、自動音声機能を備えた機器を製造し、また近日、チェンナイ・インスティテュート・テクノロジーと、太陽光を利用した「グラマテラー」と名付けられたATMを共同開発し、このATMは、タミル・ナードゥのような小さな村に生活している人々でもお金を自由に引き出すことを可能にしたものです。この特殊なプロジェクトは街での電力消費を削減するための、最善の解決法を与えるだけではなく、従来のATM機器に比較してもはるかに適切な機器であると考えられます、というのも従来のATM機器で使われる電力のたった10パーセントで作動するからです。この低電力のデザインはごく少量の熱を放出するだけなので、夏の酷暑の時期でも、同様に冬の寒い時期でも効率よくその機能を果たすことができるでしょう。

いまでは、すでに450の「グラマテラー」が小さな街のメインストリームに設置され、それらは銀行の支店から2、3キロ先にあります。このヴォーテクスのマーケティングマネージャーは、ここ数年でインドにて、1万機ほどのATMを設置することを予定しており、その後は、世界中でこの太陽光ATMを広めていこうと考えています。

ウバーギズモより引用

Today's Top Articles:

You may also like